★ノースカロライナ&オハイオから国際結婚・ビザ・英語・生活情報などをお届けするブログ★

最終面接後に

このトピックには2件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2019-09-12 at 3:33 PM 8888 さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #8157 返信

    Mayumi

    こんにちは。いつも、ブログを拝見しています。
    特にVISA関係の記事は、情報と経験を分かりやすく
    まとめて頂いてて本当に助かっています。ありがとうございますm(_ _)m
    トピックタイトルについて、質問があります。
    最終面接後に、VISA発行を認められない状況は
    無きにしも非ずだとは思いますが、(IRCR1を申請中です。私は面接まできたらほぼ無いと思ってます)その辺についてApricot さんはどう思いますか?ご意見を参考にしたく、、
    というのも、旦那が(アメリカ人で、日本で働いてて二人とも日本に住んでます)かなりの心配性の性格でして、最終的にVISAを認められて手元に届かないと信用できないとか何とか言ってまして。。
    会社を辞めるタイミングなど色々準備もあるので、その辺を上手く説明して無駄なく進めていきたいのですが。なんせあまり情報がないので、説得材料がなくちょっと困ってます。

    また、Apricot さんの旦那さんも日本からアメリカへ戻って就職したと思いますが、就職できた大体の期間とやはり日本にいての就職活動は難しいのでしょうか?(先にアメリカへ帰りましたよね?)
    職種によって違うと思うし、色々状況は違うと思いますがご意見宜しくお願いします。

    #8162 返信

    Apricot

    Mayumiさん、はじめまして!
    私のブログを参考にしてくださりありがとうございます^ ^

    まず、面接の件、私も確かなことは分からないのですが、面接に進む時点でNVCの審査は終えているので、私もMayumiさんが仰るように、面接まで来て却下されることはほぼ無いと思います。私の印象では、面接は「最終確認」という感じです。

    当日、警察証明や健康診断の結果を提出しなければならないのですが、もしその書類に不備があった場合、即日承認にはならない可能性はあると思います。が、おそらくは後日、再度アポイントを取り直すだけだと思いますので、少し時間はロスするかもしれませんが、そこからいきなり否認やNVCにケースが戻ることは考えにくいかな、と(もちろん絶対とは言えないですが)。

    なので、個人的には面接の目処が立てば、ぼちぼち渡航の準備を始めても良いかと思いますよ^ ^

    それからアメリカでの就職活動については、夫の場合、現地で就職活動を始めて働き始めるまで、だいたい2か月くらいだったかなぁと記憶しています。

    一応、日本にいる頃から就職活動を試みてはいたのですが、電話かSkype面接がせいぜいですし、基本的に相手は「すぐに働ける」人材を求めている事もあって、日本にいながらの就職活動は、我が家の場合ちょっと敷居が高かったです。。

    それでも、妹のコネで紹介してもらったポストもあったので(実際にはご縁は無かったのですが)、もし旦那様にコネクションがあれば、日本にいながらでも可能かもしれません☆

    仰るように、職種や会社によっても違うかと思うので、あくまで私個人の体験談・意見までになりますが、ご参考になりましたら幸いです!渡米まで、スムーズに準備が整うと良いですね^^

    #8163 返信

    8888

    私の旦那も日本からの就職活動を頑張っていましたがかなり難しかったです。
    理由はApricotさんが仰っているのと同じです。
    まず書類が通らないので面接に辿り着くこともありませんでした。
    旦那の両親や友人にも「帰国しないとなかなか難しいのでは?」と言われて続けていました。
    やはり「本当にアメリカに帰ってくるのか」「ちゃんとスタート日から仕事始められるのか」等々を危惧されるようです。
    結局旦那はアメリカに帰国、一か月後にあっさり就職し新しい会社で働き始めました。
    現地での応募の方が優先されると痛感した出来事でした。
    職種や状況で違いもあるかと思いますが、ご参考になさってください。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 最終面接後に
あなたの情報:




About me

117投稿279コメント