ジャパニーズスーパーマーケットHATOYAでここまで揃う日本の食材!

公開日: 最終更新日:
0

こんにちは、Apricotです。

Charlotteに住む日本人なら誰もが知っている、ジャパニーズスーパーマーケットといえば、HATOYA。アジア系のスーパーは他にもありますが、おそらく生粋の日本食を扱うお店としては、Charlotte唯一ではないでしょうか。ちょっとこの「はとや」というレトロな響きが愛着湧くんですよね(笑)渡米以来、本当にコンスタントにお世話になっていて、私にとってなくてはならない存在です。

もちろん、渡米前から日本食が手に入るお店をリサーチしていたので、このお店はしっかりマークしていました。けれども、実際どんなものが手に入るんだろう?というのは来るまで謎のまま。先にアメリカ入りしていた夫に聞いても、「ライスは売ってたよ」…って、え、それだけ!?みたいな(笑)

NYやLAのような大都市ではないここシャーロット。やはり「日本の調味料はどこまで現地で手に入るのか?」「日本の食器は売ってるのか?」なんて事が、「どこまで日本から持っていくか?」にダイレクトに直結してくるので、結構、女子たるものは気になるわけです。

今日はそんな私の体験談から、渡米前の方やCharlotte に来たばかりの方向けに、アメリカのジャパニーズスーパーマーケットでこんなものが手に入るよ!という観点でこのHATOYAさんをご紹介していきたいと思います☆

SPONSORED LINK

HATOYAさんはこんなお店

HATOYAさんは、Pinevilleというシャーロット中心部から少し南に離れたところにあります。もう20年以上、ここで日本人の胃袋を支えてきた古いお店です。スーパーマーケットといっても、日本のコンビニと同じくらいの大きさで、どちらかというと「商店」に近いイメージ(このレトロな雰囲気も私は好きですけどね)。なのでそこまで大きくはないですが、店内に入るとその規模以上に豊富な品揃えに驚くはず!ほぼ年中無休なのも助かるし、常に日本人の優しいスタッフがいるので、日本語で会話できるのも癒しです╰(*´︶`*)╯

 

HATOYAのセレクションを一挙公開!

今回は、お店の方に許可を頂いて写真を撮らせていただきました!それでは、早速HATOYAさんのセレクションを見ていきましょう!

 

▼入り口から見た店内。お菓子やおつまみがたくさん並んでいます。懐かしのミルキーやのど飴も。

▼日本人の主食、お米もバッチリ揃ってます!

▼こちらは生鮮コーナー。野菜はほとんどアメリカのスーパーで手に入るものばかりですが、日本の細長いナスなんかが売ってます(アメリカは米ナスしかない)。味噌の種類も豊富ですよ☆

▼それから気になる調味料はといえば、ご覧のとおり、ずらーっと一列丸々調味料セクション!醤油、料理酒、みりんなどはもちろん、ソースやポン酢、コチュジャン、オイスターソースなど必要と思われる物は何でも揃います♪

▼麺類もうどん、そば、ラーメン、そうめん、焼きそば…など一通り完備!

▼インスタントラーメン。生麺タイプはなく乾麺タイプですが、基本のブランドは揃っています。

▼こちらは冷凍コーナー。餃子の皮やかまぼこなどの魚肉類、おでん、しらすや鮭フレークなんかが売っています。アメリカに引っ越して来たのが年末だったので、ここで冷凍海老フライとそばを買って奇跡の年越しそばを作れたのがありがたかったです!

▼納豆も、アメリカでは冷凍で売っていることが多いです。

▼それから、肉や魚介は取り扱いが少ないのですが、店内の奥に別途コーナーがあります。アメリカで希少な薄切り肉!ほかに意外にも、冷凍で辛子明太子やいくらなんかも売ってますよ♪

▼お酒コーナー。(お酒専門店では多少手に入るかもしれないのですが)アメリカの普通のスーパーではあまり取り扱いがない日本のお酒も、日本酒、焼酎、梅酒、ビールなど一通り揃っています。

▼インスタントタイプの食品たち。ふりかけやお味噌汁は種類も豊富です。あとは炊き込みご飯の素や、粉物など。わかめなどの乾物や缶詰もあります。

▼パックごはん。我が家は船便で送った炊飯器がまだ届かないので、ここでパックごはんを買いだめしています。品薄だったら私が買いだめした後です(笑)パックごはん特有の匂いが気になる方は、丼やカレーにして食べると美味しくいただけますよ!

▼そして、これもお世話になっている麦茶。アメリカでは日本のペットボトルのお茶はそう手に入りません。なのでここで最初、お〜いお茶の2Lペットボトルを何本か買ったのですが、家に帰って値段が1本$5.99だったことにヒッ!となり、その後は水出し麦茶に切り替えました。ほかにも、緑茶や抹茶、コーヒー、紅茶と充実したラインナップです。

▼回鍋肉の素など。この簡単に1品作れるCook Do的なやつは日本でかなりお世話になってたので、アメリカでも期待してたのですが、この手の食品にはたいてい牛肉エキスが入っているからか、HATOYAさんをもってしても、あまり種類がないのが残念。。

▼焼肉のタレなんかもあると便利。アメリカのスーパーでもKorean BBQ sauceとして売っていますが、日本のブランドのこの味!っていうのがある方にはオススメ。

▼日本のお菓子たち。ベーシックなお菓子はたいてい揃っていると思います。おせんべいもありますよ☆

▼日用品コーナー。洗顔料やシャンプーなどはわりとたくさん揃っています。パンテーンやダヴなどはアメリカのスーパーでも売っていますが、日本のブランドが安心っていう方には良いですよね。洗剤や生理用品は残念ながらあまり売っていないです。

▼なんとこちらは日本の食器!お茶碗なんかはアメリカで売ってる所を見たことがないので、凄い貴重かも。もちろんお箸も売ってるので、引っ越してきたその日に日本の食卓が再現できちゃいます♪あと、ほんのちょっとだけ下段に太田胃散などの医薬品も。

▼おりがみは北米では人気のようなので、お子様やお土産に良いかもしれませんね。ニッチなところでは、熨斗袋や割り箸なんかも。

▼こちらはDVDコーナー。レンタルも購入も可能(作品によってはどちらかのみ)。日本のドラマや映画も観られますよ!

▼そして、古本コーナーも!全部$1.00なので、本が好きな方には朗報です♡

SPONSORED LINK

(参考)アメリカのスーパーで手に入る日本食材

意外に手に入るものが多くて安心されたのではないでしょうか☆ 一つ注意点は、Hatoyaのプライスは日本価格の2倍前後するということです。アメリカで流通しているものはさほど高くはありませんが、やはり日本から輸入してきたであろうものは高く感じるはず。輸入には様々なコストがかかるので、このプライスは致し方のない事ですが、できれば頼るところは頼って、他所でやり繰りできるものはして、上手にお付き合いしていきたいもの。

そこで、上手にジャパニーズスーパーマーケットを活用するためにも、アメリカの一般的なスーパーで手に入る日本食材も参考までにご紹介しておきます☆
ウォルマートやターゲットなど、全米で展開する大手チェーンであれば、たいていInternationalセクションか、普通の調味料等の各セクションで日本の主な食材は売られています。

  • アメリカのスーパーで一般的に手に入る日本食材
    醤油、みりん、米酢、豆腐、ごま油、パン粉、カレールウ、わさび(チューブ)、ポッキー等のお菓子、(片栗粉)など

 

意外に日本のカレーは北米では人気があるらしく、一般的なスーパーでも取り扱いが多いのに驚きました。
片栗粉はPotato starchというのですが、色々探し回ったらグルテンフリーの粉物コーナーに置いてありました。お店によってはちょっと取り扱いが際どいアイテムです。お米も売ってはいますが、日本のモチモチしたお米ではありません。
また、味噌料理酒なども、日本料理には欠かせない食材ですが、うちの近所のスーパーではあまり見かけません。ウスターソースもないですね。
その代わり、どう見てもアメリカンなテリヤキソースやらAuthentic Japaneseと冠した謎のYum Yum Sauceなんてものがたくさん存在します(笑)

もちろん、スーパーによって取り扱いは異なると思いますが、なんとなく知っておくだけでも参考になれば、と思いご紹介してみました!

 

というわけで、いかがでしたでしょうか?
今回もローカルネタでしたが、アメリカで流通しているものはどこの都市でもだいたい同じだと思いますので、参考になれば幸いです。
それでは、今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

HATOYA MARKET
605E North Polk St, Pineville NC 28134
Phone : 704-889-6600

AM10:00 – PM7:00 (火曜日のみ AM10:00-PM3:00)
※年末年始は不定休になることがあるので、事前にお電話がおすすめ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を
LINEで送る
Pocket

返信を書く

Please enter your comment!
名前を入力してください