【2016年移民ビザまとめ】ビザ取得の流れを掴もう!ずばりビザプロセスの全貌を大公開!

公開日: 最終更新日:
17
本記事は、2016年時点の私個人の体験をもとに執筆したものです。以後、適宜加筆・修正を加え、なるべく最新の情報に近づくよう努めておりますが、情報の正確性を保証するものではありません。必ずご自身でUSCISおよびNVCの公式ウェブサイト等をご確認ください。

 

こんにちは、Apricotです。

12月末に渡米して、ようやく先日、グリーンカードを手にすることができました!長いビザ取得の旅も終止符を打った今、是非ともまとめておきたいと思っていたのが、ビザプロセスの全貌です。

今回は、ビザが下りるまでに何処でどんなステップを踏むのか、どこがヤマ場かなど、私の経験談をもとに、なるべく分かりやすくがんばってまとめてみたいと思います!

SPONSORED LINK

ビザは主に3つの機関で処理される

移民ビザは、最初に請願書(I-130)といって、アメリカ人の配偶者が、アメリカ移民局に対して「私の配偶者にビザを発給してください」とお願いの書類一式を送るところから始まります。

この書類一式は、受理されるとCaseと呼ばれ、このケースが順番に主に3つの機関に回されて、そこでそれぞれの処理がされて晴れて発給となります。私の勝手なイメージだと、ファイルに入った書類一式が、ベルトコンベアーに乗って流れ作業で処理されていくイメージですかね~w

まずは、プロセスの全貌をご紹介する前に、この3つの機関について簡単にご紹介しておきたいと思います。

 

1.USCIS

United States Citizenship and Immigration Service の略で、アメリカ移民局のことです。組織としては、Department of Home Security(国土安全保障省)という巨大組織の一機関にあたり、ここではその名のとおり、安全保障の観点からアメリカにおける移民全般を司っています。

先ほどお話した請願書(I-130)はこのUSCISに送ることになりますが、ここでは基本的に、移民ビザの申請資格があるかどうかを審査し許可するところまでがいったん行われます。送る書類から察するに、具体的には、ビザの基本要件を満たしているかや、二人の身元、結婚の正当性などを中心に審査されているようです。
ビザを申請すればすぐに本審査へと進めるわけではなく、まずは移民局が、そもそも二人がビザを申請するに値するかを判断するというわけです( ˘ω˘ )

ちなみに、入国後のグリーンカードの発行なども再びUSCISが行うことになります。

 

2.NVC

移民局から請願書の許可が下りると、ケースはそのまま NVC という組織に送られて、正式にビザを申請したことになります。NVCはNational Visa Centerの略で、文字どおりナショナルビザセンターと呼ばれています。組織的にはUnited States Department of State(国務省)の管轄で、アメリカの外務省にあたる機関の一部。移民局とは別物の組織で、次の審査が行われるんですね。

ここでは本審査として、かなり細かい審査が行われ、よって提出する資料も細かいものになります。主な審査は、バックグラウンド(これはUSCISとも被る)、経済状況、犯罪歴などですが、ここで移住後に十分な経済力があるか(またはサポートする人がいるか)というのが特にしっかりとチェックされます。

 

3.在日アメリカ大使館

NVCで審査に無事パスすると、ケースは在日アメリカ大使館に転送されます。ここでは、NVCやUSCISと連携を取りながら、最後のプロセスであるインタビュー(面接)ビザの発給が行われます。面接さえパスしてしまえば、この時点で実質上、移民ビザの取得が完了!です。

 

ずばり、ビザプロセスの全貌はこちら!

では、各機関の概要と全体の流れがなんとなくわかったところで、具体的なビザのステップを見ていきましょう。移民ビザプロセスの基本ステップとそれに関係する書類名、費用、そしておおよその所要時間をまとめたものが以下の表です。一番上の請願書(I-130)に始まり、一番下のグリーンカードの取得まで順番に進んでいきます(一部、順番が前後しても良いステップもあります)。そのなかで、★がついているステップは、ご自身でアクションが必要なステップです。

なお、ちょっと分かりづらいので補足すると、目安時間というのは、そのステップが完了するまでの所要時間を示しています。例えば、STEP1の「3週間位」というのは、請願書の準備から発送が完了するまでの目安の所要時間であり、その次のSTEP2の「1〜2週間」というのは、STEP1が完了してからSTEP2が完了する(受領確認メールが届く)までの目安時間だと思ってください。

機関

S
T
E
P

プロセス
★はアクションを書類送付などアクションを起こすステップ

書類名

Fee

STEPが完了するまでの目安時間

U
S
C
I
S

1

★請願書(I-130)を準備、送付I-130
I-130A ※2017年2月改定
G-1145
$535
2016年12月値上
3週間位
※個人による
2受領確認メールが届く1~2週間
3受領証兼領収証が郵便で届くForm 1-797C
(NOA1)
1~2週間
4請願書が許可・ケースがNVCに転送される1~5か月

※時期により異なります

5

請願許可証が郵便で届くForm 1-797
(NOA2)
2~3週間

N
V
C

6Welcome Letterがメールで届く2~3週間
7★代理人の選定(オンライン)DS-2611週間前後
8★AOS Feeの支払い(オンライン)$120
9★IV Feeの支払い(オンライン)
※STEP8の後、インボイスが届いてから支払可能
$325
10★IV Application 提出(オンライン)DS-260
11★犯罪歴証明書の申込・発行1~2週間
12★Supporting Documentsを集める1か月位
※個人による
13★Financial Documentsを集めるI-864他
※個人による
14★IVパッケージ(STEP11~13の資料)を発送
15IVパッケージ受領メールが届く1週間
16★不備があった場合のみ
チェックリストの指示に従って再提出または面接時持参
1~2か月
17審査完了
18面接日のお知らせメールが届く1~2週間
19★渡航検診を受ける1日


使

20大使館から面接時持参資料のメールが届く3~4週間
21★面接1日
22ビザ発給、自宅に到着$220
2016年12月値上
2~3日

U
S
C
I
S

23★入国(渡航検診から半年以内)渡航検診から
半年以内
24ソーシャルセキュリティカード、グリーンカードが届く入国から
約1か月

SPONSORED LINK

ヤマ場のステップを制することが短期取得の近道

ビザプロセスのなかで最も作業ボリュームが大きく、かつ重要度の高いヤマ場のステップは、上の表でいう STEP1の請願書の準備と、STEP12〜13 のSupporting & Finance Documents の準備ではないかと思います。いずれも準備しないといけない書類が多く、特にFincance Documentsは個人の経済状況によって出す書類も異なってくるなど複雑なステップ。一番大変なところですが、ここさえ制せばビザを制したも同然!頑張りどころです。

もちろん、ここで手早く資料を集めて提出すれば、その分時間短縮につながりますが、この提出資料を審査することになる、その後の一番時間のかかる審査ステップ(STEP4とSTEP16~17)を不備なくクリアすることがビザの短期取得においては最も重要!万全にチェックしても100%は避けられませんが、私のようにチェックリストをもらってしまうと、1か月単位で時間をロスしてしまうことも…。

ただ、この審査期間に関しては、どんなに不備がなかったとしても、なぜだかその時期によってUSCISやNVCの審査スピードが異なるため、実際にはコントロールできない部分でもあります。
実際、私や同時期で申請した方々は、USCISの許可が下りるまで(STEP4)たったの1か月半という、超スピード審査?でした。かと思えば、ほんの前年に申請した方々は、5か月近く許可までに時間がかかっていたみたいです。このあたりが、移民ビザのミステリーです…(苦笑)
書類は不備なく準備して、あとは「運」にまかせるしかありません。

★2017年10月23日追記★
トランプ政権発足後あたりから、再び「USCIS」における審査速度が大幅に落ちており、2017年10月現在、多くの方が承認(請願からNOA2)までに「約7か月~10か月」かかっているとの情報を頂いております。このペースでいくと、ビザ取得まではトータルで最低でも「1年~1年半」はかかることが予想されます。

このように、「USCIS」でのビザ審査プロセス速度は、政治的背景や世界中からの請願状況、審査体制の状況など様々な要因により、短期間でコロコロと変わります。今後もおそらく速くなったり遅くなったりするので、なかなか読めないのが実情です…。

 

私の移民ビザ取得までのタイムライン

最後に、私が移民ビザを取得した際の実際のタイムログをご紹介したいと思います。あくまで私の場合のタイムラインではありますが、ステップを進めるうえでの参考になれば幸いです。

2016年
USCISでのプロセス
3/24 I-130一式をEMSで発送
3/30 USCIS(シカゴ)に到着
4/5 Acceptance Confirmation メール到着
4/6 請願料$420 口座引落を確認
4/12 Form I-797C(NOA1) 郵便到着
5/11 ステータスがCase Was Approvedに
5/23 ステータスがCase Was Sent To The Department of Stateに
5/31 Form I-797(NOA2) 郵便到着

NVCでのプロセス
6/16 NVCからWelcome Letter メールで到着
6/16 DS-261 オンラインで提出
6/17 AOS Fee オンライン支払い完了
6/23 犯罪経歴証明書の発行申請
6/25 IV Fee インボイスメールで到着
7/3 IV Fee オンライン支払い完了
7/25 DS-260オンライン提出完了
7/31 Supporting Documents 準備完了
8/15 Financial Documents 準備完了
8/16 IVパッケージをEMSで発送
8/21 IVパッケージ受取連絡がメールで到着
9/14 チェックリストがメールで到着
10/20 ついにケースのレビュー完了!
11/1 インタビューのお知らせメールで到着
11/4 ステータスがREADYに

アメリカ大使館でのプロセス
11/7 面接日変更を大使館websiteから申請
11/15 面接日変更&決定☆
11/29 大使館から追加書類の案内メール
11/30 渡航検診
12/12 面接終了★
12/14 ビザ一式が到着
12/30 渡米

2017年
USCISでのプロセス
1/17 ソーシャルセキュリティーカード到着
1/28 グリーンカード到着!

 

さて、今回は盛りだくさんになってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?
最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を
LINEで送る
Pocket

17 コメント

  1. こんにちは!以前のブログからお世話になっているwmoonです。
    ただいまNOA2を待っているところですが、まとめて日付つきで書いてくださっているので、自分たちの提出した日付と照らし合わせられて助かります。
    これからもアメリカ生活のブログを楽しませていただきつつ、またまさ参考に成せていただきたいと思います!

    • Wmoonさんこんにちは!
      新しいほうのブログも引き続き見てくださって、本当に嬉しいです(^-^)ありがとうございます。

      いまNOA2待ちなんですね!
      なんとなく、もういつ来ても良いような頃ですよね、、毎日心待ちにしてらっしゃるお気持ちお察しします。

      陰ながら、wnoonさんを応援しております♡
      私も引き続き、移住に役立つ情報など書いていければと思っていますので、これからもよかったらまたぜひ遊びにいらしてください☆

  2. 初めまして。現在日本でCR−1の準備をしています。maoともうします。どうしても調べてもわからず、もしご存知であればと思い、コメントをさせていただきました。最近手続きが改訂されているようで、I-130フォームも今までのものと変わってしまい奮闘しています。そこで質問なのですが、G-325Aのフォームが必要かどうかとういうのはどこで見つけましたでしょうか?I-130のインストラクションにも記載がなく、現在は必要ないのではと思い調べたいと思っています。何かご存知であればどうぞよろしくお願いいたします。

    • ★maoさん
      お問い合わせありがとうございます!
      私もUSCISのI-130のインストラクションhttps://www.uscis.gov/system/files_force/files/form/i-130instr.pdf?download=1をもう一度見てみました。必要な書類は、全てこのインストラクションに書いてあるはずで、以前はこの中にG-325Aも書いてあったはずですが、確かに今は見当たりませんね。

      代わりに、I-130Aというフォームが新設されているようで、中身を見る限りでも、これが以前のG-325Aに相当する書類ではないかと思います。

      情報が少なく私も100%確信があるわけではありませんが、「2月27日以降、G-325Aは必要なくなった」と書いてあるサイトを見つけましたのでリンク貼っておきますね(フィリピンのコンサル?かなんかのサイトだと思います)。

      http://www.lovevisalife.com/visa/ir1cr1spousalvisa/uscis-i-130-form-changes/

      これによると、今現在はI-130とI-130Aが必要で、G-1145も引き続き有効(これは任意の書類です)だと書いてあります。

      4月27日までは旧フォームも(おそらくG-325Aも)まだ受け付けられているみたいですが、28日以降は新フォームだけしか受け付けられないようなので、要注意ですね。。

      ご心配であればG-325AもI-130Aも両方提出しておく手もありますが、
      USCISのガイドラインが「全て」なので、この中にG-325Aが書いていない以上は、maoさんの仰る通り、私も提出は不要だと思います!

      今まさに過渡期で情報が足りない時期だと思いますが、応援しております!がんばってくださいね☆

  3. こんにちは。とても詳しく書いてあって、助かります!
    アメリカで学生として滞在してるのですが、事情があり、日本に一度帰国を考えています。
    こちらに滞在しながら申し込んだほうが良いのか、日本からの方が良いのか思案中です。
    ちなみに、入国後に郵送されてくるグリーンカードは2年のものですか?10年のものですか?

    • 小林さん、コメントありがとうございます☆

      いまアメリカに滞在されているんですね!
      私の場合は日本からの申請だったので、アメリカ国内からの申請については全く無知でお役に立てずにすみません…(>_<)

      が、私のグリーンカードは有効期限2年のものでしたよ!

      これはおそらくアメリカ国内から申請した場合も同じではないかと思うのですが、ビザが下りる時点で婚姻から2年が経過していればIR-1ビザ(10年のグリーンカードがもらえる)、2年未満であればCR-1ビザ(2年のグリーンカードがもらえる)というふうに自動的に決まる仕組みです。

      私たちの場合は後者でしたので、とりあえずは有効期限2年のグリーンカードをもらいました。2年後に、10年モノのグリーンカードへ更新が必要です。これはあくまで、配偶者としての移民ビザ申請の場合ですが…。

      小林さんのビザ申請がうまくいくと良いですね!

  4. 初めまして!
    Apricotさんが以前されていたblogからずっと参考にさせていただいています!
    リストなどもとても分かりやすいです:)
    私も今年に入ってからIR-1/CR-1を申請し、今NOA2を待っている所です。
    初めましてでいきなり質問させていただくのは失礼かと思ったんですが、頼る人がおらず今回ご質問させていただきたくコメントさせていただきました。

    *NOA2の後、パスポートのコピー、もしくはパスポート情報をNVC側に伝える事が面接前にありますか?

    私は入籍後苗字は日本姓のまま変更はしていません。夫婦証明できる公的書類がないため、渡米までにパスポートに夫の苗字を括弧書きで入れてもらおうと思っていました。パスポートの期限が3年以上あるので、ギリギリのタイミングで変えようと思っていたのですが、(以前役所に問い合わせた所、括弧書きに変更するにもパスポート番号も変わると言われたので)夏に1週間のみアメリカへ帰省する事になり、パスポートの変更をした方がいいのか悩んでいます。今変更しておくと海外で何かあった時に夫婦証明ができるのでいいのかなとも思いますが、もし面接までパスポートが要らないのであればギリギリでもいいのかなと。。
    長々と書いてしまってすみません。パスポート情報をいつのタイミングでアメリカ側へ伝えるのかもし分れば教えて下さい。
    宜しくお願いします!

    • AJさん、はじめまして!私のブログを以前から読んでくださりありがとうございます☆

      ご質問の件、面接前にNVCにパスポートのコピーを提出するタイミングはありますよ!

      ケースがNVCに移ると、手数料の支払いを終えたあと、Financial documents と supporting documentsを提出しなければならないのですが、そのときにAJさんのパスポートのコピーが必要です。

      それから、犯罪歴証明書もこのタイミングで提出しますが、この証明書を申請するときにもパスポートが必要になります。あとは面接時ですね。

      私は夫の姓に変えたので、必然的にパスポートの姓も変えなければならなかったのですが、犯罪歴証明書を取りに行く直前に記載事項変更申請をしました。

      記載事項変更は、確かにパスポート番号は変わりますが、残年数はそのままで書き換えができます。(神奈川県のサイトですが)ウェブサイトを見てみたら、おそらくAJさんのケースもこの記載事項変更でイケると思うので、今のうちに変更されておいてはいかがでしょうか?? 3年分の残年数はムダにはならないですよ♪
      http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/2315/kisaijiko.html

      後々、各書類やコピー上のパスポート番号や名前が違ってるとちょっと厄介ですものね。。

      ご参考になりましたら幸いです!^ ^

      • Apricotさん
        早速のお返事ありがとうございます!
        お忙しい中色々と調べていただいてありがたいです・・・!

        面接よりも前の段階でパスポートのコピーを提出する機会があるんですね^^
        犯罪歴証明書取得の際もでしたか・・見落としておりました^^;

        私もあと3年あるので残年数残して書き換えようとも考えたのですが、果たしてアメリカ移住後に更新できるのか不安で・・(場所や時間など…大使館もそんなに多くないようなので)それならいっそ新しく10年用を作ろう!と思っていました。

        そもそも苗字表記をした方がいいのか、表記するならばパスポートに3年の期間を残してアメリカ移住後に更新するか、日本で10年に切り替えていくか、小さい事なんですが迷い中です。

        ビザの申請をして来年には渡米と周りに言っていますが、なかなかまだ渡米する心構えができていません。。家族や友達と離れる事や生活の事など不安しかありません。夫の仕事が日本では安定しないのでアメリカ移住は自分達のためだとは思っていますが。。
        Apricotさんは渡米前そういう気持ちはありましたか?実際に今North Carolinaに住まわれて不安などはないですか?

        プライベートな質問だったらすみません!

        これからもblog更新楽しみにしてます~!

        • AJさん、なるほど、そうでしたか〜。

          確かに、3年あるとはいえ、渡米後しばらくはバタバタするでしょうし、旅行するとき残期間が半年ないと旅行できない国もあったりするので、そういう事を考えると、確かに今10年のを再申請しておいたほうが不安材料が減ってスッキリするかもしれないですね!

          苗字の件は難しいところですが、結局、ビザもグリーンカードもパスポートの氏名が載る事になるので、旦那さんの姓が載っていたほうが安心ではありますよね。
          普段生活しているぶんには、そういった夫婦の証明を求められることはないので、果たして併記が必要かは私も自信がないのですが、あとあと載せたくても渡米後は簡単にとはいかないでしょうし、いざというときを考えたら、載せておくに越したことはないのかもしれません。あくまで私見ですが(^^;;

          私もビザ申請中は、AJさんと同じように、来年あたり渡米予定とは言ってたものの、全然実感はなかったですよ〜!いつビザが下りるのか、本当に下りるのか?みたいな感じでした笑

          うちも、夫の仕事の将来性を考えたら日本に長居はできないと判断して渡米しました。
          私は海外生活をしてみたかったので、渡米自体に対抗はなかったですが、この先自分の将来をどうしていこう?という不安はあります。

          いま35なので、子供も欲しいし、ちゃんとした仕事も早いうちに就いておきたいという焦りは正直ありますね。でも、アメリカで出産とかどうなるんだー?みたいな笑

          先の心配をするとキリがないですが、今のところは、これも何かの縁というか、とりあえず今の状況を楽しもうと自分なりには思っているところです^ ^

          …なんだか、まとまりがなくなってすみません汗

          いま実感がないことや、漠然とした将来への不安を抱いていることは皆さん同じだと思いますよ!よほど渡米に抵抗がなければ、意外と行って何とかなるものかな、とは思います☆

          • apricotさん
            ビザもグリーンカードもパスポートの氏名が載るんですね!私は日本では日本姓のままですがアメリカでは夫の苗字を名乗りたいと思ってました。いつのタイミングでビザ申請の時にそれを向こう側に伝えるのかが分からなかったので、もしパスポートの氏名で作られるのであればやはり夫の苗字を入れてもらうようにします!^^
            ありがとうございます♪

            ビザの申請中はapricotさんも不安だったんですね。安心しました。結構他の方のブログを見てると楽しみで仕方無い!って方が多いように思えて(笑) 早く申請が下りて欲しいような、まだ日本で家族と一緒にいたいような複雑な気持ちです。
            私も今同じような年齢でアメリカで出産っていうのが想像が全くつきません。。笑 子供ができて働いていけるのかも不安ですが、確かに先の心配をするとキリないですよね^^一人でアメリカ生活を送るわけではないし、夫と楽しく生きていけるように私も今の状況を楽しめるように心の余裕を持ちたいです^^

            色々と聞いていただいてありがとうございます^^

            またビザのプロセスの中で分らない事があったら質問させて下さい~!☆

  5. お役に立てたようでしたら嬉しいです^ ^

    国際結婚だと、どちらかが絶対に家族と離れ離れにならないといけないのが辛くもあり、難しいところですよね。。
    今は、来年あたり一時帰国できるのを目指して、僅かながらバイトを頑張っているところです。他にもいろいろ日本の恋しいところはたくさんありますが、夫婦で「次に日本に行ったらコレしよう」とか「これ食べたい」とか話しながら夢を膨らませるのもそれはそれで楽しいですよ^ ^

    期待半分、不安半分とは思いますが、ビザプロセス自体は問題なく(ストレスフルでない)といいですね!

    また何かあればいつでもご連絡ください☆

  6. pricotさん
    はじめまして。
    ブログ拝見させていただきました。
    私は4月に日本で入籍し、5月1日にI-130送りました。I-130が改定になるときだったので、大変でしたが運を信じて提出しました。
    が。。。まだwas receivedのまま進みません・・・長い人で5か月かかると書いていたのでもう少しかかるのかな・・・と気長に待ってますがちょっと焦りもあります。
    私はまだ日本で仕事をしているので、この後の準備もしておきたいなと思っているのですが、この後のプロセスは旦那側のスポーンサー情報がほとんどですよね?
    私側は、犯罪履歴等を取り寄せないといけないと思うんですが、それもNOA2が届いてからしか出来ないんだと理解してるんですが・・・
    色々と調べて始めたはずが、どんどん不安材料が増えてきてしまって。。。
    来年4月目標で渡米を考えているので、まだ時間的には焦るほどでも無いのですが・・・
    これからのステップこのこと予習しておきたいなと思っています。
    お時間のある時に参考に教えていただけたら幸いです。
    ちなみに。。。パスポートは入籍と共に(カッコ)付に変更しました。

    • Yukkkasさん、はじめまして!私のブログを読んでくださりありがとうございます☆

      いまNOA2待ちなんですね。このブログにコメントをくださる方々の情報だと、最近はどうやら皆さん申請してから「7か月〜8か月」で承認が下りているようです…(ブログの情報を更新していなくてすみません)

      2年前くらいまでは「5か月」といわれていて、それが私が申請した1年ちょっと前くらいのときには、なぜか「1か月半」とやたらと早く、それが今度は「7か月」…と、本当に期間がコロコロ変わっています(>_< ) なので、この先も変わる可能性は大ですが、yukkkasさんの請願書も今まさに審査中といったところではないょうか。。仰るように、犯罪経歴証明書はNOA2が来てからでないと申請できないので、いま出来ることといったら、やはり旦那様のファイナンシャルドキュメント集めくらいだと思います。でも、これをやっておくだけでも、この後かなりの時間短縮になりますよ!あとは、強いていうなら、予防接種でしょうか。渡航検診はまだ先ですが、今のうちに母子手帳を確認したり抗体検査を受けたりして、受けないといけない予防接種があれば、先に受けておくことはできます(渡航検診と同時でも良いのですが、予防接種を済ませておくとラクかもしれません)。先行きたたずに、日々ただ待つだけって、辛いですよね(>_<) 1日も早く承認がおりますように☆

  7. こんにちは。初めてブログを拝見いたしました。

    現在色々とビザの申請関係を必死に探していたところに
    まさにこれこれ!私が探していたのはこれなの!とApricotさんの
    ブログに出会いました。

    来年2月に日本で入籍を済ませ、そこからビザの申請を始める予定です。
    しかし、現在アメリカと日本の遠距離のため、婚姻が偽物ではないと証明する
    公的な書類が婚姻証明書のみとなってしまいます。
    写真やカード、お互いを訪れた際のチケット等はとってありますが
    公的なものって。。。無いのでその点のみが心配です。。。

    皆さんどんなものを提出してるんですかね。。。?

    これからもこちらのブログを参考に手続きを進めていきたいと思います!

    • こんにちは!私のブログを参考にしてくださり、どうもありがとうございます☆

      婚姻の証明はなかなか難しいですよね。私たちは日本に住んでいましたが、それでも家賃契約や公共料金は全て私名義だったので、公的な証明はほとんどなかったです。

      お二人の写真やカード、チケットなどがおありでしたら、それをなるべくたくさん提出されれば大丈夫だと思いますよ!

      もしご心配でしたら、Affidavit letterを用意されると良いと思います。お二人の馴れ初めを知る方なら、ご家族でもご友人でも良いので、お二人がいつ出会って、どういう経緯で結婚に至ったとか、家族ぐるみで付き合いがあるとか、言ってみれば二人の結婚の証言を手紙1枚に書いてもらいます。検索すると、例文も出てくるはずです。

      私たちの場合は、私の父に書いてもらいました。といっても、夫が下書きをして、父にはサインをもらっただけなのですが(笑)でも、それで一つ立派な証明になりますので、出す価値はあるかと思います。

      よろしければ、こちらにも提出書類をまとめた記事を書いていますのでご参考になれば幸いです!
      https://daysintheusa.com/2017visa_i-130_revision/

      公的書類があればそれが望ましいのですが、ないとNGなわけではありません。出せるものを出せば、それほど神経質にならなくて大丈夫だと思いますよ^ ^

  8. Apricotさん、こんばんは。

    今日初めてブログを拝見しました。
    とても分かりやすくて助かります。

    私は結婚11年、今年の2月にビザ申請しましたが、未だにNOA2待ちです。。子供達(9歳、7歳) は学校の都合もあるので、向こうで主人と暮らしています。 夏休みに子供達が帰ってきたり、私が観光ビザでアメリカに行ったりしていますが、正直我慢の限界です。

    私は visa journey というサイトに自分のステータスを登録していて、あとどれくらいで承認されるかが予測されるのですが、今週中となっています。本当かどうか分からないけど、早く子供達に会いたい。

    Apricot さんのブログ、皆さんのコメント見て、私だけじゃないって少し元気になりました。ありがとうございます。

    またおじゃましますね^_^

返信を書く

Please enter your comment!
名前を入力してください