シャーロットで日本の本格夏祭り!「BON ODORI 2017」に行ってきました★

公開日: 最終更新日:
0

こんにちは、Apricotです。

が住むここノースカロライナ州・シャーロットでは、年に1度、日本人コミュニティ最大級のイベント「BON ODORI(盆踊り)」が開催されます。

私もウワサには聞いていて、移住してからずっと楽しみにしていたのですが、ついに昨日、その盆踊りイベントに行ってきました☆

「ここは日本!?」と思ってしまうくらい、本格的な催し物やたくさんの日本人の方々を目の当たりにし、とっても楽しかったです♪

今日のブログでは、早速、今年のイベントの様子を、写真やインスタグラムを交えながら、ゆる〜くお届けしたいと思います!

SPONSORED LINK

「BON ODORI」はシャーロット市長も出席するほどの一大イベント!

2017年8月5日(土)に開催された「BON ODORI」フェスティバルは、なんと今年で開催33回目!

33年も前から毎年開催されてきたなんて、シャーロットにおける「日本人コミュニティの歴史の長さ」に驚きです(*゚∀゚*)

▼会場は、アップタウンにある「Wells Fargo Atrium」(銀行のオフィスビル) 。日差しが心地良く差し込む吹き抜けのロビーには、堂々と「盆踊りステージ」が設置されていました!

▼入口には、豪華な「五月人形」と「おひなさま」がお出迎え。かなり立派です!

▼午前11:00の開始とともに、まずは主催者やアトランタ総領事館などの挨拶がありました。そのなかには、シャーロット市長・Jennifer Watson Robertsの姿も。

スピーチによると、今現在、シャーロットには「300以上の日系企業」が活動しており、「在住日本人の数は1,000人」にも及ぶそうです。

どこかで見た数年前の情報で、日本人の数は「約500人」だと読んだ覚えがあったので、その後、どんどん企業の進出とともに、日本人が増えていることになりますね!いまや市長が駆けつけるのも、うなづけます。

 

和太鼓パフォーマンスに盆踊り、剣道ショーも!イベントが盛りだくさん☆

さて、挨拶もそこそこに早速始まった「BON ODORI 2017」。実は盆踊りのほかにも、様々な催し物が用意されていました!

▼イベントのタイムスケジュールがこちら↓ 11:00〜16:00と短い間ではあるのですが、太鼓パフォーマンスや剣道ショー、茶会などなど、内容が盛りだくさん♪

11:00 Doors Open
11:15 Guest Speeches
11:40 Opening Ceremony “Matsuri Daiko” by Matsuriza
12:00 “Kendo” & “Iaido” Exhibition
12:20 Bon Odori (Dancing)
12:40 Tea Ceremony
1:20 “Taiko” Performance by E.E. Waddell Academy
1:40 “Hon Daiko” by Matsuriza
2:10 Tea Ceremony
2:40 Bon Odori (Dancing)
3:00 Door Prize Drawing
3:30 Finale “Shime Daiko” by Matsuriza

 

和太鼓パフォーマンス by Matsuriza

まず始まったのが、「Matsuri-za(祭座)」による和太鼓パフォーマンス!

「祭座」さんは、普段はフロリダ州・オーランドを中心に活動されているのだそう。この日は男女6名のメンバーが駆けつけてくれました。

▼ちょうどインスタグラムに動画を上げている方がいらっしゃったので、ぜひ彼らの迫力のパフォーマンスをご覧ください☆

※インスタグラムのシェアは著作権・肖像権の侵害には該当しないため、なるべく一般の方のお顔が写っていないものを中心に使用させて頂いています。

やっぱりプロの太鼓は迫力が違いますね。背筋や腕がピンと伸びて、音も力強い!

日本人なら太鼓の音だけで十分ですが、メロディーがないので、ともすると外国人には単調に写ってしまいがちな太鼓。でも、「祭座」さんは演奏のなかに、動きや変化、ときに面白おかしいコントを取り入れた「観客を飽きさせない工夫」が満載!観れば観るほど引き寄せられていきました♡

▼観客も大喜びのパフォーマンスの一部。他にも笑いを誘う動きが盛りだくさん♪

 

太鼓って、メロディーがないから、覚えるのが本当に大変そう。しかも、いろんなパフォーマンスを挟みながらも、実は20分くらいノンストップで叩き続けているんです!!…凄すぎる!!

男性も女性も、筋肉すごいなーと思って見ておりましたが、いや納得ですw

盆踊り

そして、今回メインイベントの「盆踊り」ですが、実は1日中やっているわけではなく、意外に「20分×2回」と短いので、お目当ての方は逃さないように注意が必要です(^_−)−☆

「これぞ、盆踊りミュージック!」とも言える、あの独特の音楽が流れると無性に心が踊りました(笑)

▼大人も子供も、日本人もアメリカ人も、楽しく盆踊り♪

#bonodori2017 #cultureforall #charlotteiscreative

A post shared by Liz Fitzgerald (@lizbit07) on

 

アメリカ人を意識してか、普通の盆踊りに加え、どうやら少し簡略化された「洋」っぽい音楽もときどき流れていた様子。みんな、めちゃめちゃ良い笑顔で踊っていました。

踊りの完璧さではなく、「みんなが誰でも簡単に参加できる」のが、盆踊りの魅力ですね♡

 

剣道ショー

それから、私たちが「食い意地」に負けて、食べ物を探している間にあっさり終わってしまい、残念だったのが「剣道ショー」(^^;;

アメリカでは「空手」や「テコンドー」などの人気に比べると「剣道」はまだまだマイナーですが、それでも「マーシャルアーツ(柔術)」に高い関心のあるアメリカ人にとって、「剣道」は凄く興味深く映っていたようです。

▼シャーロットの「Kendo Club」による、剣道のデモンストレーション

#Kendo #bonodori #bonodori2017 #CLTKendo

A post shared by CharlotteKendoClub (@charlottekendoclub) on

 

ほかにも、地元のインターナショナルスクールによる「和太鼓」の演奏(めちゃめちゃ可愛かったです♡)や、「茶道」のデモンストレーション、クジ引き大会なんかもあり、盛りだくさんでした☆

SPONSORED LINK

久々に食べた日本のお弁当♡ 「買い食い」こそが祭の醍醐味!?

さて、お祭りに欠かせないのが、何と言っても「屋台フード」!

今回はおそらく会場の都合で、残念ながら日本のような「屋台」はありませんでしたが、シャーロット内外から日本人経営の飲食店が「お弁当」などをたくさん販売していました♡

▼お弁当コーナーはとても人気で、12時前から既に長蛇の列!

シャーロットにも、お寿司などは一応ありますが、いわゆる「幕の内弁当」みたいなパックのお弁当は売ってないので、見ると無性に懐かしい気持ちに(笑)!ほかにも、冷やしうどんや、お寿司などがありましたよ☆

▼私が選んだのは、ガッツリ、チキンカツ弁当♪お値段10ドル…高っ!でも、日本のビールが2ドルと格安だったので、ヨシとしましたw できたてサクサク、日本の味で美味しい♡

▼ほかには、日本のベーカリーのパンなどが。一見、「お祭りにパン?!」と意外なのですが、アメリカで日本の菓子パンは超希少!メロンパンなんて見かけた日には買わずにはいられないんです(笑)

▼さらに、こちらはお祭りの定番「ラムネ」。義妹は「メロンソーダ」の大ファンで(←アメリカには売ってない)、メロン味のラムネにご満悦でした!

▼さらに、我らが日本人の胃袋を支える日本食スーパー「HATOYA」さんのブースも☆ 大福やお煎餅などの日本のお菓子を販売されていました。お餅の食感はアメリカ人にも人気なんですよ♪

本当は、屋台の焼きそばや綿菓子なんかがあったら最高なんですが、それでも、あれこれ「買い食い」するのはやっぱり楽しいですね♡

 

他にもまだまだある!金魚すくいやヨーヨーも♪日本の夏祭りさながらの出店がズラリ!

さて、まだまだあります!ここからが、なかなか本格的☆

▼夏祭りといえば「金魚すくい」!まさか、シャーロットで金魚すくいを見られるとは思ってもみませんでした。さすがにこの歳ではやりませんが…懐かしいですね(*´꒳`*)

▼こちらは「ヨーヨー(水風船)」♡ なかにはキャラクターの絵が描いてある水風船もあって、皆、お目当てのデザインに一生懸命でした。

▼もちろん「お面」だってありますよ!「けろけろけろっぴ」なんて懐かしのキャラクターも(゚∀゚)

▼こちらは、「射的」コーナー。子供たちが喜ぶアトラクションが思った以上にたくさんあって、親子連れには良いですね!

▼屋内では、「カリグラフィー(書道)」コーナーが。「外国人の名前を漢字で短冊に書いてくれる」イベントをやっていました!

書道の展示はどれも上手で、こんな異国の地でも、立派な字を書ける子供たちには感心してしまいます。

▼茶道コーナー。1日に何度か「Tea Ceremoney(茶会)」の時間があり、お茶が振る舞われたようです。

▼ほかにも、「焼き物」や工芸品、和雑貨、アニメキャラクターグッズコーナーなどなど、いろんな物が売っていました☆

▼日本語補習校による、「本」の販売コーナーには、まさかの修造が!(笑)

▼そして、浴衣を着て、富士山と桜を背景に写真を撮れる「フォトブース」も人気でした!衣装付きで10ドルなら安いですね〜♪

 

注意点&補足情報

「BON ODORI」フェスティバルの様子をドーッと駆け足でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか??

最後に、今回私が参加してみて感じた、「BON ODORI」に参加する際の注意点&補足情報をシェアしておきたいと思います。

1. 支払はカード払い不可。「現金のみ」なので気をつけて!

お弁当の列に並んでいて、いざ支払となったときに「現金のみです」と言われて手持ちがなかった私(汗)。。今回のイベントでは、ほとんどのブースで「カード支払NG」だったので、お買い物する方は現金が必須です。

今のご時世、ポータブルのカード決済端末なんてどこにでも売ってるだろうに…と腑に落ちなかった私でしたが、考えてみたらここは「銀行ビル」の中。ATMも目の前に(笑)

いざ現金がなくても、引き出すことは可能ですが、ATMも並ぶので、やはり現金があったほうが無難です(来年からはカードOKになることを期待!)。

 

2. 狙い目はお昼前!屋内はかなり混雑するので、ベビーカーは注意

私たちは11:00の開場に合わせて行ったのですが、お昼を過ぎた1時半くらいからドッと人が増えました。

お弁当やブースも列がどんどんできて、しかも「売切御免」なので、できれば「お昼前」に会場入りするのがオススメ。

また、屋内の通路は人がごった返して歩きづらくなるので、混雑時のベビーカーは避けたほうが無難です。

 

「Wells Fargo」に駐車場アリ

車で行かれる方は、会場の「Wells Fargo」に隣接する立体駐車場があるので、そこに停めるのが一番の近道。

ただし、ここの駐車場もお昼を過ぎるとかなり混雑するので、午後行かれる方は電車「Lynx(リンクス)」のほうが良いかもしれません。

 

 

というわけで、いかがでしたでしょうか?

今回、初めて「BONODORI」フェスティバルを体験してみましたが、思った以上に「日本の文化や夏祭りの楽しさがギューっと濃縮されている」のに驚きました!

誰でも簡単にトライできて、楽しめるブースやアトラクションが多いので、外国人にも親子連れにもぴったり☆

久しぶりに、日本人の方々と触れ合えて、「これだけ日本人がいるんだ」と分かったのも、気持ち的には大きかったです(^_−)−☆

来年以降は、ボランティアとして参加してみても良いかも!?と感じた「BON ODORI 2017」でした☆

それではまた!今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here