シカゴ旅行記★Day1 : 本場のジャズは絶対オススメ!シカゴの夜景も一見の価値アリ♡

公開日: 最終更新日:
0

こんにちは、Apricotです。

日、シカゴに3泊4日で旅行に行ってきました☆

いろいろ行き先は悩んだのですが、せっかく車で行ける場所に住んでいることだし、車なら猫も連れていけるし、都会過ぎずマタニティ旅にも向いていそう…ということで、シカゴに決定!

アメリカに移住してから2年目にして初めての旅行ということで、1か月くらい前から心待ちにしていた私たちです♡

そんなわけで、私たちの「シカゴゆる旅」の様子を、3回にわけてお届けします^ ^ 今日は初日の様子をご紹介♪

SPONSORED LINK

10:00 オハイオ州からシカゴへGO!

私の住むオハイオ州・トリードからシカゴまでは、車で約3時間45分。ゆっくりめに10時ごろ出発しました。

途中、1度休憩を挟んでリフレッシュ。ちなみに、オハイオとシカゴでは1時間の時差があります。

▲スーツケースの隙間を喜んで埋めてくれるボルトくん(笑)

ちなみに、今回も「ネコ旅」にはポータブルケージが大活躍しました!

▼詳しい仕様やネコ旅のコツが気になる方は、以前アップしたコチラの記事をどうぞ♪

ネコ旅!うちの猫が「長時間ドライブ」&「宿泊」を乗り切った方法
こんにちは、Apricotです。 前回のブログで、先日、ノースカロライナ州からオハイオ州まで、トラックで約「10時間」かけて引っ越したことをお話ししました。 実は今回の引っ越しに際して、最も懸念していたことの1つが、愛猫「ボルト(3歳♂)」のこと。 お久しぶりです♪ ボルトは完全な「室内飼い」の猫で、半年前に我が家にやってきて以来、一度も外に連れ出したことがありませんでした。 外出、しかも「10時間」という長距離ドライブに耐えられるのか!?全くの未知数。。普段は、健康そのものなのですが、ボルトを引き取ってきた日、ボルトが警戒心から一歩もケージから出ようとせず、翌日、ひどくお腹を壊したのが記憶に新しかったので、今回の環境の変化に対する反応がとても心配でした。 が、結果から言うと、見事、1泊2日の長距離ドライブ旅を乗り切ることに成功!!ボルト自身の成長の結果でもありますが、今回の旅では、ある「便利グッズ」が大活躍でした☆ 今日は、長時間ドライブに備えて「準備したもの」や、旅の途中の「食事・トイレのケア」など、ボルトが旅を乗り切った方法をご紹介します! 今回大活躍だった「便利グッズ」はコレ! まず、早速ですが、今回の旅で大活躍だった「便利グッズ」とは…ずばり、コレ!! 大きめな「キャリーバッグ(ケージ)」のセット!! ※画像をクリックするとAmazon.com(USA版)にリンクします。 もともと、一般的なプラスチックのキャリーバッグ(ケージ)は持っていたのですが、おデブなボルトが長時間入っているには窮屈だろう…ということで、ポチッと購入。 折り畳み式のケージは、猫なら2匹は余裕、私も入れそうなくらいのw大容量スペース!しかも、折り畳みの「エサ入れボウル」や「ポータブルトイレ」、「マット」に「おもちゃ」まで付いてきてとってもお得♪ シンプルなギンガムチェックも、ピクニックぽくてお気に入りです♡ 私が購入したときは48ドルくらいだったので(アマゾンは日々値段が変わります)、少々高いな…と最初は思っていたのですが、使ってみて、お値段に見合う価値があったので大満足!

15:00 チェックイン後、The Cheese Cake Factoryでブレイク

シカゴには順調に着いたのですが、シカゴ市内は一方通行が多くてウロウロしてしまったり、駐車に手こずったりして、チェックインできたのは15時近くになってしまいました。

ランチにはちょっと遅いね〜ということで、近くにあった「The Cheese Cake Factory」でティーブレイクすることに♪

「The Cheese Cake Factory」は日本人観光客にも人気のチーズケーキ専門店。チェーン店なのでアメリカでは決して珍しくないのですが、いかんせん私の住むトリードにはこんなお洒落なレストランもないので(^^;、2人とも久々のCheese Cake Factory に大喜び♡ どれにしようか目移りしてしまいます(´∀`*)

▲私が選んだのはマンゴーチーズケーキ。ほのかにマンゴーの酸味があって美味しかったです。が、写真ではそれほど大きく見えないものの、実物はかなりの大きさ!最後まで食べ切れなかったのが残念(^^;

SPONSORED LINK

16:00 The Magnificent Mileを散策

軽く腹ごしらえをした後は、そのまま近くの The Magnificent Mile(マグニフィセント マイル)を散策。シカゴきってのショッピングエリアです。シティホテルも、ダウンタウンではこのマグニフィセントマイルエリアに密集しています。

雰囲気的には、まさに日本の「銀座」。ハイブランドはもちろん、デパートやアパレルショップの旗艦店がズラリと軒を連ねます。…と、早速ユニクロを発見!

日本人観光客で、まずユニクロに向かう人は滅多にいないと思いますが、私たちにとっては「シカゴで絶対行きたいスポット」の1つでした(笑)ユニクロも近所にないもので…(^^;

3フロアあるのですが、1フロアが広いので、かなり見応えがあります。日本の通常の店舗よりもずっと広くてなかなかの品揃え。夫くんはシャツやアンダーウェアなどをまとめ買いしておりました^ ^

▲3月のシカゴはまだまだ寒いです(訪れたのは3月の下旬でした)。寒さの峠は超えたものの、この日も気温は5℃以下。特にシカゴは別名「Windy City」と呼ばれ、五大湖から吹荒れる風の強さで有名。強風で体感気温はグッと下がるので、この時期に旅行に行かれる方は暖かいコートが必須です!

 

17:30 Andy’s Jazz Clubで本場のジャズを堪能!

しばし街を散策したその足で向かったのは、シカゴでお目当てだったスポットの1つ、ジャズクラブ。シカゴといえば、「ジャズとブルースの街」として有名です☆

シカゴ市内にはたくさんのクラブがあるのですが、この日お邪魔したのは Andy’s Jazz Club

入場料は1人10ドル(飲食代は別途)。入り口で年齢確認が必要なので、訪れる際には身分証明書をお忘れなく☆

ジャズクラブといっても、お客さんは老若男女さまざま、観光客も多く、ライブもまだ陽の明るい17時〜と、気軽に入れる雰囲気でしたよ^ ^

▲この日のライブは、Eric Schneider 率いる、サックス、ピアノ、ベース、ドラムのカルテット。どうやらどの演奏家もシカゴでは名の知れた方々らしく、予想以上のクオリティで驚きました!

ときどき小話を挟んだり、オペラを歌うお客さんが飛び入りで一曲を披露したりと、アメリカらしい、飾らない感じがまた良かったです。入場料10ドルで1時間半たっぷりプロの演奏を楽しめるなんて、コスパ良すぎ!シカゴ観光をするなら絶対オススメです^ ^

▲もちろん、演奏中は食事やお酒も楽しめます。ここは、夫が好きな「アメリカ南部スタイルの料理」をいただけるのが特徴。

ボリュームたっぷりのサンドイッチや、白身魚のブルスケッタが美味しかったです。美味しい料理にライブミュージックだなんて、なんとも贅沢な時間ですよね♡

 

19:30 John Hancock Centerからシカゴ市内の夜景を一望

陽も徐々に暮れかけた19時すぎ(今はサマータイムなので20時くらいまではうっすら明るいんです)。徒歩でホテルに戻る途中で、John Hancock Center に寄ることにした私たち。

▲ジョンハンコックセンターは、地上100階建ての超高層ビル。今現在では全米で5番目に高いビルだそうです。

シカゴの展望台といえば、もう1つ「ウィリスタワー」が有名ですが、ジョンハンコックセンターのほうがマグニフィセントマイルの一角にありアクセス良好なうえに、夜景に定評があるので、こちらをチョイス。

▲じゃーん!こちらが展望台「Chicago360」から見たシカゴの夜景!写真ではうまく伝わりませんが、期待以上にステキな夜景にうっとり(*´∇`*)

日本を含め、一般的な夜景って、ビルやネオンの灯りが中心だと思うのですが、シカゴの夜景はよくよく見ると「オレンジ色の街灯の灯り」が中心なんですよね。なので、オレンジ色の灯りがずーっと遠くのほうまで広がっていて、とても幻想的でした。展望台からは、五大湖の1つ「ミシガン湖」を一望することもできます。

▲そして、こちらが展望台の目玉アトラクション「Tilt!」。ガラス張りのウィンドウが傾くようになっていて、94階から地上をリアルに見下ろすことができるというアトラクション(゚Д゚;)(別途5ドル)

今回はマタニティ旅なので大事をとって?見送りましたが、次回はトライしてみたいです!

 

 

というわけで、いかがでしたでしょうか?

初日は半日しかなかったので、街中散策が中心でしたが、徒歩圏内で結構いろいろ楽しめたと思います(^^)

次回は2日目な様子をレポします♪

▲(おまけ)ホテルでぬくぬくしているボルトくん☆

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here