日本の服もOK! Buffalo Exchange で洋服を売ってみた話〈Sell by Mail編〉

公開日: 最終更新日:
0

こんにちは、Apricotです。

日のブログでは、アメリカの古着ショップチェーン「Buffalo Exchange(バッファローエクスチェンジ)」”店頭”で服を売る方法」をご紹介してきました(「バッファローエクスチェンジ」って?という方は、ぜひコチラの記事↓から読んでみてくださいね!)。

日本の服もOK! Buffalo Exchange で洋服を売ってみた話〈Sell in Store編〉
こんにちは、Apricotです。 先日、引っ越しをする直前にできる限り荷物を減らしたくて、夫と「着ない服を処分しよう」ということに。 ノースカロライナ州・シャーロットにはいくつか洋服を買い取ってくれる古着ショップがあるのですが、そのなかで私たちが選んだのが古着ショップチェーン「Buffalo Exchange(バッファローエクスチェンジ)」。 今回、アメリカで洋服を売るのは初めて。しかも、特に私の服はほとんどが日本ブランド!果たして結果はいかに…!? 今日は「Buffalo Exchangeを選んだ理由」と、「実際に売ったときの様子」、そして気になる「査定結果」についてお届けしたいと思います☆ 「Buffalo Exchange」なら日本の服もOK! 「バッファローエクスチェンジ」は、アリゾナ発の古着ショップチェーン。1974年に誕生したというから、古着ショップとしては先駆け的存在といえます。2017年10月現在は、全米20州・35店舗以上を展開。 全米で考えると規模自体はそれほど大きくはないのですが、ローカルっ子だけでなく、日本人の間でも認知度が高く、人気のあるお店☆ このブログを読んでくださっている方のなかにも、もしかしたら利用したことのある方がいらっしゃるかもしれませんね。 私が思うに、人気の秘密はずばり… デザイン重視!(ブランドを問わず旬な洋服を取り扱っている) 高額買取 & 廉価販売(売る人にも買う人にも優しい♡) 「買取」に関していえば、日本と同様、古着ショップの多くは「ブランド志向」。利益の取れない安価なブランドや、無名ブランドは、買取不可なことが多いのが実情。ましてやアメリカでは、聞いたこともない日本のブランドなんて、なかなか買い取ってもらえません。 しかしその点、バッファローエクスチェンジは「デザイン優先主義」。もちろん買取強化ブランドはありますが、たとえ無名ブランドでも「お洒落で個性的、旬なデザイン」だったら買い取ってくれるんです♪ つまり、日本の洋服もOK! また、日本人の方々のブログを拝見して「ジャンク品でも値がついた」とか「まとまった金額になった」というクチコミが多かったのも決め手に。 これなら「日本から持ってきた大量の洋服も引き取ってもらえるかも…!?」そんな期待を胸に、バッファローエクスチェンジへ行ってきました!

今日は、その続編!「Buffalo Exchange」に「”郵送”で服を売る方法」をご紹介☆

「近くに店舗がない方」や、「行く時間がない方」、「店頭での英語の会話はちょっと…」という方にピッタリの方法です♪ 私も、先日ようやく店舗に足を運ぶことができましたが、実はそんなに家から近いわけではなかったので、以前は、この「Sell by Mail Program」を利用していた1人。

でも、「手続きは面倒じゃないの!?」「査定結果は!?」「郵送と店舗、どっちがお得?!」…などなど、気になることもありますよね。そこで今日は、そんな「店頭との違い」も意識しながら、実際に「郵送」で売ってみた体験談をお届けしたいと思います!

SPONSORED LINK

「Sell by Mail」で買取OKなアイテム・NGなアイテム

服を売る前に、まずは「どんなものを買い取ってくれるのか?買い取ってくれないのか?」をチェック!

買取OKなアイテム

2017年10月現在では、以下のアイテムが買取OKとなっています。

https://www.buffaloexchange.com/sellbymail/bag-request/
  • メンズウェア、レディースウェア、ファッション小物
  • 最近のデザイン、トレンドアイテム、デザイナーズウェア、定番アイテム
  • 美品

ふむふむ。要するに「旬なデザインや有名ブランドのもの、かつ状態の良いもの」ってことで、このあたりは一般的な古着ショップとあまり変わりませんね。

ちなみに、英語の「accessories」は日本語の「アクセサリー」とは違って、バッグやストールなどの「ファッション小物」を意味します。日本語の「アクセサリー」は英語では「jewelry(ジュエリー)」に含まれるので注意☆

▼一応「買取強化ブランド」もあるので、該当するブランドはより値段がつきやすいかも!?↓

https://www.buffaloexchange.com/sellbymail/bag-request/

日本でお馴染みのブランドも結構ありますが、やはりアメリカンブランドが多いですね。

 

買取NGなアイテム

逆に「買取不可」なアイテムもあります。

https://www.buffaloexchange.com/sellbymail/bag-request/
  • 子供服、子供用ファッション雑貨
  • アクセサリー、ジュエリー
  • 水着
  • マタニティウェア
  • 下着
  • 偽造品
  • 毛皮類
  • ブライダルウェア
  • ファストファッションブランド(Forever21、H&M、Old Navy、Aeropostale、Target、Walmart、Kohl’sなど)

 

注意が必要なのは、「アクセサリー、ジュエリー」「靴」は、店頭ではOKな場合もありますが「郵送ではNG」だということ。

「郵送」の場合は、買い取れるアイテムが少し限られているんですね(゚o゚;;

うっかり送ってしまって「値段がつかなかった!」というのはもったいないので、送る前には必ず「買取不可」なアイテムもチェックしておきましょう!

 

日本で買った洋服は買い取ってもらえるの!?

ところで、これを読んでくださっている方の中には、「日本から持ってきてはみたけど、アメリカで全然着てない服がたくさんある…」という方もいらっしゃるのでは!?(←私)

そこで、今回「Buffalo Exchange」に、予め「日本のブランドの服でも買取OKか?」問い合わせてみました!

結果は「”デザイン重視”だから、まずは送ってみて!」との回答♡

一般的な古着ショップでは、「無名ブランド(日本のブランド)」な時点で「買取不可」になってしまうことがほとんど。

その点、バッファローエクスチェンジでは、日本の服でも「デザイン次第ではOK!」とのポジティブな回答をもらうことができたので、安心して利用することができました☆

 

売る手順は?!実際に「Sell by Mail」で洋服を売ってみた!

それでは、実際に「郵送」で服を売ったときの「流れ」をご紹介していきます。

① バッグをリクエストする

まずは、バッファローエクスチェンジのウェブサイトから、服を送るための「バッグ」をオーダーします。このバッグはもちろん無料!

住所や氏名などの基本情報を入力するだけで、簡単にリクエストすることができます。

ただし!ここで1つだけ重要なポイントが。バッグをリクエストする際に、「値段がつかなかった洋服の対応方法」を選択しなければなりません。

▲選択肢は「郵送で返却を希望($14.99)」または「チャリティーに寄付する」の2つのみ。日本のように「無料で返却」というシステムはありません…。

いくら値段がつくかも分からないのに「$14.99」をかけて返却してもらうのって…どうなの!?って思いますよね(汗)かといって、「値段がつかなかったら自動的に寄付されてしまう」というのも…うーん(悩)

店頭で売る場合は、値段がつかなかったものは基本的にその場で返却されるので、そのまま持って帰ることができます。

しかし「郵送」の場合は、服を送る時点で「返送代を負担する覚悟」もしくは「服を完全に手放す覚悟」を決めないといけません(>_<) ここが「Sell by Mail」の最もハードルの高いところ!

私の場合は「さすがに15ドルも払っていては売る意味がないな…」と思い、「寄付」を選択しました。

 

② 売りたいアイテムをバッグに詰める

バッグはオーダーしてから4〜5日くらいで郵便で到着!

▲見た目は小さな黄色い封筒ですが、中には「約60cm×60cm」の大容量ビニールバッグが!インストラクションも入っているので、手元で確認しながら準備することができます。

このバッグ、特に「郵送期限」はありません。すぐに送っても良し、衣替えシーズンまで待つのも良し、少しずつバッグに詰めて一杯になってから送るのも良し♪

私はとにかくクローゼットの整理をしたかったので、早速、売りたいものを集めてみました。

▲最終的に売ることにしたアイテムはこんな感じ。これにもう数点加わって、計「16点」に。

選んだアイテムは、Tシャツ、トップス、スカート、パンツ、ストール、バッグなど。

ブランドは、ユニクロのほか、日本のナショナルブランド、ユナイテッドアローズなどセレクトショップのもの、そして一部、ノーブランドも含まれています。

バッグには「20〜40点」入るとされていますが、私の感覚だと「厚手のもので15点くらい、薄手のものなら30点くらい」が目安でしょうか。

意識したのは、とにかく「寄付になっても後悔しないもの!」…これに尽きます(笑)

 

③ 封をして、最寄りのUPSストアへ

さて、洋服を詰め終わったら、封をして準備完了!

▲バッグには最初から「封をするためのシール」も「宛先ラベル」も付いているので、封さえすれば何もする必要はありません。特に、伝票などを同封する必要もなし。楽チン♪

あとは、最寄りの「UPS Store」にバッグを持っていくだけ!

値がつかなかったものの返送代は有料ですが、発送する際の送料は「完全無料」です☆

UPSストアで「コレを送りたい」とだけ伝えれば、スタッフが宛先ラベル上のバーコードをスキャンしてくれるので、控えを受け取るだけで完了。

最初は「発送が面倒臭そう…」なんて思っていたのですが、UPSストアでの発送は至ってカンタンでした☆

あとは、メールで結果が送られてくるのを待つのみです。

SPONSORED LINK

気になる査定結果はコチラ!

バッグを送った後のやりとりは、基本的にすべて「メール」となります。

受け取るメールは2通で、1つは「受領完了メール」。発送してから数日後に、「受け取りました」というメールがやって来ます。

それから、待つこと約1週間〜10日ほどで、もう1つのメール「査定結果メール」が送られてきます。

査定結果

気になる「査定結果」はというと…

  • 買取点数 : 2点
  • 買取金額(ギフトカード): 11.25ドル
  • 買取金額(現金): 5.63ドル

という結果でしたー!

全部で16点送ったので、「買取点数 : 2点」というのは正直、少なーい!( ;∀;) でも、単価で考えたら、2点でこの値段は悪くないなと思いました。

バッファローエクスチェンジでは、買い取られたアイテムは原則、彼らの店舗で再販されることになります。そのため、査定でつけられるのは「買取価格」ではなく「販売価格」が基準に。

そして売り手には、「ギフトカード」を選択した場合「販売価格の50%」が、「現金」を選択した場合は「販売価格の25%」がバックされるしくみ。

例えば、バッファローエクスチェンジが「この服は、店舗で10ドルで売ろう!」と査定したら、売った私には、「ギフトカード5ドル分」、または「現金2.5ドル」が支払われるというわけ。

査定結果メールには、このように「ギフトカード」の査定金額と、「現金」の査定金額の2つが提示されるので、どちらかを選んでメールで返答します。

ところで、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、「Sell by Mail」の場合、「現金」のレートが店頭で売るよりも低くなっています

店頭で売る場合「販売価格の30%」がキャッシュバックされるのに対し、郵送で売る場合は「販売価格の25%」。実質、送料や振込手数料などのコストをここで調整しているというわけなんですね。。(※「ギフトカード」のレートは店舗も郵送も同じです)

 

値段がついたアイテム・つかなかったアイテムは

参考までに、今回買い取ってもらえたアイテムはというと…「ポンポンつきのストール」と、「ツイストスリーブのブラウス」の2点。

袖がねじれたブラウスって、2年前くらいに日本で流行ったデザインで、アメリカではウケないかなーと思っていたのですが、一応「今どき」「個性的」と評価してもらえたみたいでした。

逆に、日本では簡単に値がつきそうなセレクトショップ系の洋服や、ブランドバッグは見事に撃沈。。相手が日本のブランドを知らず、「デザイン」と「コンディション」だけで査定すると、こういう事が起こり得る、ということですね(ー ー;)

店頭であれば、買取不可な理由を尋ねたり、交渉次第で値がついたりする可能性もありますが、「郵送」の場合は査定結果に従うしかありません。

ただ、「Sell by Mail」の良いところは「季節外れのアイテムでも査定に影響が出にくい」ということ。店舗だと、どうしてもストックスペースが限られているので、「季節外れなアイテム」はお断りされてしまう可能性がありますが、「郵送」の場合はストックのキャパシティも広いので、季節的な許容範囲も広いと考えることができます。

▲査定結果に返答してから、約1週間ほどでギフトカードが到着!このギフトカードは、どの店舗でも無期限で使うことができます♪

「現金」を選んだ場合も、おそらくこれくらいの時間がかかるのではないかと思います。

 

「Sell by Mail」メリット・デメリットのまとめ

ここまで、「郵送」で売る場合の流れをご紹介してきましたが、最後に「メリット・デメリット」をまとめておきたいと思います!

メリット

  • 店舗が近くになくても利用できる
  • 店舗に行く時間・手間がかからない
  • 店頭での英会話の必要がない
  • 季節外れのアイテムでもOK

デメリット

  • 買取可能なアイテムが限られている
  • 値段がつかない場合、無料では返却してもらえない
  • 「現金」の査定レートが低い
  • 店頭よりも査定・現金化に時間がかかる
  • 買取不可の理由がわからない・交渉できない

このように「一長一短」ありますが、とにかく「服を売りたいけど、売る場所がない!」という方や、「店頭で売るのは勇気が要るし、なんだか面倒…」という方には、気軽に試せるのでオススメです♪

逆に「値段が気に入らなかったら売りたくない」という方や、「とにかくお金にしたい」という方には店頭買取が断然有利!

個人的には、「捨てるくらいなら送ってみるか」というくらいの軽い気持ちで利用するのがちょうど良いのかな、と思います^ ^

 

 

というわけで、いかがでしたでしょうか?

日本ではここ数年、ファッションの「リユース」や「レンタル」といった市場が急成長してきましたよね。アメリカでも、徐々にその流れが広まってきているので、今後、もっと利用しやすいサービスが増えてくるのではないかと期待しているところです☆

今後もまた良いサービスを見つけたら、このブログでご紹介していきますね^ ^

それでは今日はこのへんで。次回もどうぞお楽しみに♡

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を
LINEで送る
Pocket

返信を書く

Please enter your comment!
名前を入力してください