アメリカの映画館はゆったり快適♪「Guardians of the Galaxy vol.2」がおもしろかった!

公開日: 最終更新日:
2

こんにちは、Chris Prattが大好きなApricotです。

日、5月5日にアメリカで公開されたばかりの映画「ガーディアンズ オブ ザ ギャラクシー vol.2(リミックス)」を観に行ってきました!

アメリカに来てから、気づけば月1ペースで映画を観に行っている私たち夫婦。ここノースカロライナ州・シャーロットの映画館は、東京みたいに混雑しないし(田舎なので…笑)、シートも広くてとっても快適♡

今日は、そんなアメリカの映画館を少しだけご紹介させていただきつつ、2作目となる今回の「Guardians of the Galaxy vol.2」の感想などをサクッとお届けしたいと思います!

(※ちょっとだけネタバレ注意!)

SPONSORED LINK

アメリカの映画館はゆったり快適♪

アメリカも、近ごろは日本と同じようにインターネットでチケットを購入するのが主流になってきました。

いつも私たちが利用しているのは「FANDANGO」(ファンダンゴ)というサイト。ここから購入すると、映画館の入り口でスマホ上のバーコードをスキャンするだけで簡単に入場ができます。

ちなみに、アメリカやカナダは映画のチケットが安い!通常の大人料金で10ドル、3Dムービーでも16ドルくらいで観ることができるんです♪

映画館の中は、いたって普通です…ニューヨークとかだと最先端の映画館とか存在するのかもしれませんが…ここシャーロットでは、映画館はいたって普通です…イオンの映画館みたいです(笑)

お決まりのドリンクやポップコーン、スナックコーナーはもちろん、映画館によってはBarコーナーやグッズ売り場、アーケードゲームなんかが設置されていることも。でも、特にご紹介するほどのものではございません(苦笑)

しかし!唯一、アメリカの映画館で素晴らしいことといったら、シートがゆったり快適なこと♡ どの席も、男性が余裕をもって座れるゆったりサイズのソファになっていて、しかもフットレスト付きのリクライニングシート

脇のボタンを押すと、背もたれとフットレストが動き、完全に脚を伸ばした状態で映画を観ることができるんです♪ 隣の人との距離も気にならないし(日本だとヒジがぶつかりそうで気まずいことありますよね…笑)、長時間の映画でもホントにラクチンです。なんならアームレスト(ヒジ置き)も上げる事ができるのですが、アームレストはあったほうが私は快適でした。

日本にも、お金を出せば「カップルシート」など似たようなシートがあるのかもしれないですが、アメリカではこれが標準装備で、しかも10ドル!アメリカにいらっしゃった際には、映画鑑賞もオススメです☆

 

2作目の「Guardians of the Galaxy vol.2」も笑いが止まらない!

さて、今回観た「Guardians of the Galaxy vol.2」は、2014年に公開された同シリーズの2作目。前作では、それぞれ宇宙の「ワケあり」なお尋ね者たち5人が冒険を繰り広げながら仲間になっていくストーリーでしたが、今回も同じ5人がチームとなって新たな冒険を繰り広げていきます。

今回は、5人のうちの1人・前作で命を落とした”木のキャラクター”「Groot(グルート)」が、再生したミニチュアサイズの「Baby Groot(ベイビーグルート)」となって登場。このBaby Grootが前回のGrootとはまた違ったインパクトをもって終始大活躍!Grootの成長とともに(?)この映画シリーズの見どころも変わっていくところが、「Marvelコミックも考えたなー」と思わず唸ってしまうところ。

今回のストーリーは、主役・ピーターの両親にまつわる話。突如、「父親」と名乗る男性が現れ、5人の危機を救い彼らをとある惑星へと連れていくのですが…どうやらその惑星には「秘密」が隠されていることに気づき始める仲間たち。

正直、ストーリーラインは安っぽい感じ(Marvelっぽい感じw)が否めないのですが、そんなことも気にならないくらい、今回も終始「笑い」が止まらない!前作に続き、クセになるキャラクターと軽快なテンポ、ウィットに富んだジョークが目白押しで、期待を裏切らない面白さでした♪

そして、個人的には脇役として「シルベスター・スタローン」が登場したのにびっくり!スクリーンで彼を見たのなんて、いつぶりでしょう?!歳をとっても、相変わらず迫力と存在感があって、彼の健在ぶりに思わず気持ちがほっこり♡

普段、ジョーク全面な映画はあまり好きでない私ですが、このシリーズが「ただのおふざけ映画」で終わらずに大人でもちゃんと楽しめるのは、映画の「完成度の高さ」にあると思っています。特にディテールへのこだわりは最後の「エンドロール」に顕著に表れていて、今回のエンドロールも必見!最後の最後まで絶対に見てくださいね!(というより、エンドロールでさえも面白いので気づけば最後まで見ているはず!)

SPONSORED LINK

英語の勉強にもきっとオススメ!

というわけで、「今年観た映画で一番おもしろかったね~」と大満足で帰途についた私たち。帰りの車では、既に二人とも「ブルーレイが出たら買おう」と決めておりました(笑)

特に、私にとっては「英語の勉強」にも良いなと思っていて、ブルーレイが出るまでの間、前作を買って、ストーリーのおさらいがてら英語の勉強をしようと考えています。

なぜかというと、映画を観た限り、あまり込み入った表現がないのでベーシックで実用的な英語を覚えられそう」だという事と、何より続けられるだけの面白さがある」というのが大きなポイント☆

早速、家に帰ってAmazonを見てみたところ、DVDやブルーレイを買わなくても、「Amazonビデオ」に前作がありました!↓

Amazonビデオは、アマゾンの「Prime会員」向けのサービスで、無料で観られる映画やドラマもたくさんあるお得なプログラム。専用端末やプレイステーションなどインターネットと接続できる機器があれば、自宅のテレビでいつでも映画をダウンロードして楽しむことができます。

映画によって価格はまちまちだと思うのですが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の場合はこんな感じ↓

  • レンタル(48時間)…300円(2.99ドル)
  • 購入…2,000円(14.99ドル)

うーん…1回観るだけなら断然レンタルだけど、買うとなるとブルーレイとそんなに値段変わらない…(´・ω・`)

「気に入った映画は本棚に飾っておきたい」夫と、「英語をチビチビ勉強したい」私の思惑が一致し、やっぱりブルーレイを買うことにしました。

▼日本版

▼アメリカ版

でも、この時期やっぱり人気で品薄なんですね…アメリカ版ブルーレイは、なんと到着までに最大4週間かかるという!!(日本と同じで通常ならアメリカでも2日以内に配達とかです)そんなに待てないよ~(涙)

と嘆いていたら、夫が仕事帰りに近くのTargetで買ってきてくれましたー!!最後の1枚だったそうです。(←たった今♪)

いえーい!(๑>◡<๑)

 

というわけで、「アメリカの映画館」と「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の最新作、いかがでしたでしょうか?

映画館で字幕がないのは毎回ちょっとドキドキしますが、「映像のチカラ」って凄くて、英語がところどころ分からなくても、意外とストーリーもわかるし「映画を観た」っていう満足感も得られるんです。でも、やっぱり好きな映画だと、セリフの細部まで知りたくなりますね!

そんなわけで、これからさっそく前作を観てみます…♪

今日もお付き合いいただきありがとうございました!

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を

2 コメント

  1. こんにちは、naeです。
    私も先月初めて映画館に行き、リクライニングシートが当たり前の状況に驚きました!最初席を見たとき、夫が何かすごく高い席を予約してしまったのかと思ったくらいです。あれだけゆったりした席だったら、背の大きな方でも快適に過ごせますよねー。貧乏性なので、予想外にリッチな気分にさせてもらいました( *´艸`)
    Guardians of the Galaxy、夫が好きそうなジャンルなので、話してみようと思います♪

    • naeさん☆
      リクライニングシート、いいですよね〜♪ アメリカでは、商業施設とかショボいことが多いので、映画館も期待していなかったのですが、このリクライニングシートだけは嬉しい誤算でした(^^)

      ガーディアンズオブギャラクシー、よかったらぜひ観てみてくださいね♡

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here