激痛だった巨大口内炎が2日で改善!アメリカのよく効く薬たち

公開日: 最終更新日:
0
markzfilter / Pixabay

こんにちは、Apricotです。

性を中心に口内炎に悩まされる人は多いと思うのですが、私もまさにその一人。しばらく調子が良かったのですが、つい先日、久々に口内炎を発症してしまいました。

食事中にガリッと口の中を噛んでしまい、あーやっちゃったな〜と思っていたら、案の定アレヨアレヨという間に立派な口内炎に…。なんと、2日後には直径7mmはあろうかという位の巨大口内炎にまで成長してしまいました(涙)

この間、日本から持って来た市販の飲み薬を飲んだのですが、日本でうっかりストックを買い忘れて2回分しかなかったこともあって、すっかり手遅れ状態に。。ちなみに私が日本で愛用していた飲み薬はこの「トラフル錠 36錠」というもの↓ 体の中から治療できるので、パッチや塗り薬が苦手な方、パッチとの併用にもオススメです。

今回、よりによって犬歯で噛んでしまったもんで、食事はもちろん、歯ミガキも話すのも笑うのも、患部がいちいち歯に当たってもう痛いのなんの!何もかもが痛すぎて、人と会うのも憂鬱だし、じっとしてても辛い。もう、いっそ口を丸ごと取ってしまいたーいっ!!てな衝動に駆られるほど…(;ω;)

仕方なく、近所の薬局に薬を買いに行くことに。でも、今回買った薬が意外に良かったので、今日は私が試して効果があった2つのアメリカの口内炎のお薬と、そのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

Mouth Sore Relief

まず最初に買ったのがこの「Walgreens Instant Mouth Sore Relief Liquid」。英語で口内炎はCanker sore(カンカーソア)といいますが、「Canker sore medicine」で検索して出てきた一つがこの薬で、評判が良さそうだったので、指名買いしました。

どんな薬?

レビューを読んで、「ああ、液体の塗り薬ね」くらいに思って、深く考えずに早速トライした私。小さなボトルを開けると、プラスティックのスティックが内蔵されています。

これで、液体をちょこっと患部に塗布。プラスティックスティックなので、たっぷり塗れた感がなくて物足りない気がしますが、結構、しみます(苦笑)味はうがい薬を薄めたような感じで、そこまで不味くはないかな…。

なんて、そうこう思っているうちに、塗って10秒後くらいに急に患部がじわーっと温かくなって、なんだか痺れたような感覚に。。

ん?なんだ、この感覚は…でもなんか知ってるぞ、この感覚…歯医者さんのアレ…。はっ、まさか!

…そう、これ実は「Anesthetic = 麻酔薬」なのです。

日本のドラッグストアで麻酔薬なんて見たことなかったので、普通に買った薬がまさかの麻酔薬だなんてびっくり!この薬の主成分はBenzocaine(ベンゾカイン)といって、日本の塗り薬にも少量配合されていることがあるようですが、これは堂々の20%配合、もろ麻酔薬です。恐るべしアメリカ!

 

気になる効果と感想

さすがは麻酔薬、あんなに激痛だった口内炎が、ものの10秒で局所麻痺状態になり、嘘のように痛みを感じなくなりました

この日、この薬を数回使ってみて感じたメリット、デメリットを挙げてみます。

メリット

  • 10秒で確実な効果!即効性バツグン!
  • 異物感が少ない

デメリット

  • 飲食すると効果が落ちやすい
  • 根本的な治療ではない

 

この薬はとにかく痛みを麻痺させるので、例えば、仕事で大事なミーティングや接客の必要があり、「この数時間はどうしても痛みを忘れて集中したい!」っていうときに最適だと思います。

また、歯茎などにも有効なため、「歯が痛くなったけどすぐには歯医者に行けない!」っていうときの応急処置にも使えます。実際、うちの夫は小さいときに虫歯で急に歯が痛くなったときに使ったことがあるそう。

ただ、私の場合は、食べたり飲んだりすると薬が流れてしまうのか、だいたい2~3時間で効果が薄れてしまい、都度塗り直しが必要でした。また、あくまで痛みを一時的に誤魔化す措置なので、根本的な治療とはいえず、長期的な使用にはおすすめできません

 

Canker Cover Patch

結局、さきほどの「Mouth Sore Relief」は一時的な効果は抜群でしたが、口内炎の根本的な治療には結びつかず、翌日も全くの同じ状態…(汗)犬歯がいちいち当たってその度に激痛が走るので、もう、何でもいいから「フタをしてしまいたい!」ということで(笑)、次はパッチを検討。

実は、昔日本でパッチを試したとき、すぐに剥がれて使い物にならなかったことがあり、それ以来パッチは苦手でした…。でも、もう、もはやそんなことも言ってられないほどの悪化ぶりで、結局、このパッチの実力に賭けてみることに。

どんな薬?

この「DenTek Canker Cover Patch, 6 Count 」という薬は結構有名なようなので、すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

内容量はたったの「6粒」と少ないのですが、個包装になっていて、開けるとこんな感じ。

なんか…意外に分厚い…(笑)まるで錠剤です。こんなんでちゃんと貼り付いてくれるのか?!と半信半疑になりつつも、いざトライ。

まず患部を軽くティッシュやガーゼで押さえるなどして、乾かした状態にしておきます。口の奥だとなかなか指が届かないと思うのですが、乾いていないとタブレットが貼りつかないので、ここはがんばって唾液を拭う必要があります。

タブレットは「白い面」と「赤い面」があるのですが、「白い面」が患部に当たるように、そっと患部の上にオン。そのまま約20秒押さえれば完了です★

パッチはほんのりメンソールを感じますが、ほぼ無味無臭。ただ、場所によっては、直後からかなりの異物感を覚悟しなければなりません。。30分くらいすると少し溶けて馴染んでくるのですが、溶けるとジェリー状になるので、今度はだんだんネチョネチョしてきてこれがかなり長時間、不快です…(汗)

でも、このパッチのスゴイところは、ラーメンを食べてもビールを飲んでもwこのジェリーがしっかり患部を守ってくれること!多少は溶けてしまいますが、それでもガッチリ患部をカバーしてくれて、あのキーン!とした痛みを全く感じなかったのは感動モノでした。

場所にもよるかもしれませんが、このパッチ、一度貼ると、溶けてなくなるまで、かなり長い間、粘着します。午後3時に貼ったパッチが、翌朝起きたときにようやく無くなっているくらいです。その間、飲み食いしても、です。

 

気になる効果と感想

気になる効果はというと、これを使った1日目は、口内炎の大きさこそ変わらなかったものの、全体的に腫れが引いて、真っ白だった患部が少し元のピンク色になりつつあるのがわかりました。痛みも改善しましたが、まだ素の状態ではチクチク染みる感じ。

そして翌日も同じようにパッチを貼って一日を過ごしたところ、2日目を終えるころには口内炎の大きさがなんと「半分」ほどになり、大きさも痛みも大幅に改善されました(*⁰▿⁰*)!もうここまでくれば、食事や会話もほぼ大丈夫。あとは自然治癒で完治できそうです♪

それでは、このパッチのメリットとデメリットも、まとめておきます。

メリット

  • カバー力、持続力バツグン!
  • 1~2日で確実な効果を感じられる

デメリット

  • かなりの異物感、不快感がある

 

さすがは、「AMERICA’S #1 CANKER SORE PATCH」とパッケージに謳われているだけのことはありました。すごい良かった!このパッチ。

問題は「異物感と不快感に耐えられるか」ということ。パッチをしているからといって、食事や会話が出来ないことはないのですが、ただひたすら気持ち悪いです(^^;

そこでオススメは、夕食が終わったらパッチを貼って、そのまま就寝。寝ている間なら、不快感を最小限に抑えつつ、効率よく治すことができます♪

Apricot
その後も愛用中♡「口内炎がピリピリするな…」と感じたときにこのパッチを貼ると、本当に治りが早いです。既に2箱目に突入!(2017年10月16日追記)

 

というわけで、いかがでしたでしょうか?

今回、久々に口内炎の悪夢を経験して、初期治療が大事だ!と改めて思いました。「怪しいな」と思ったら、その日の夜にパッチを貼って寝れば、翌朝には治ってる可能性もありますよね。こじらせると本当に厄介なことになってしまいます。。

それから、アメリカではどうしても野菜が不足しがちなので、より意識して野菜を摂ることも今後気をつけたいと思います☆

それでは、今回もありがとうございました!
この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を
LINEで送る
Pocket

返信を書く

Please enter your comment!
名前を入力してください