銀行に行かなくていい!?アメリカのスーパーは現金引き出し&両替ができて超便利!

公開日: 最終更新日:
2

こんにちは、Apricotです。

存じのとおり、アメリカはカード社会。どこで買い物するにも、たった1ドルの買い物でも、クレジットカードやデビットカードで決済するのが当たり前。

これに慣れてしまうと、お財布に現金が入ってなくてもなんとなく凌げてしまうのですが、うっかり駐車場やデリバリーなどで急に現金が必要になって焦ることも(^^;;

できればいつも現金を用意しておきたいのですが、アメリカのATMは使い勝手が悪くて現金をおろすのが面倒だと感じていた私。。そんなとき、実は銀行のデビットカードがあれば、ATMを使わなくても「スーパーで簡単に現金がおろせる」ということを最近知って、これが実に便利!

今日は、知っている方も多いとは思いますが、アメリカのスーパーで現金を引き出す方法と、まとまった小銭を紙幣に替える便利な方法をご紹介したいと思います☆

SPONSORED LINK

アメリカの銀行で現金をおろすのは結構面倒くさい

アメリカに来てから、日本って便利だったなーと思っていた事の一つがATM事情。

日本だと、ちょっと大きな銀行の支店に行けばズラーっとATMが並んでいて並ぶ事もないし、コンビニに行けば24時間、銀行によっては手数料無料で現金を引き出すことができますよね。

本当は、海外のほうがATMは多いはずなんですが、私の住むノースカロライナ州・シャーロットでは、とにかく現金を引き出すのが面倒。

私が口座を作ったのはアメリカのメガバンクの1つ「Bank of America」なんですが、これが近所の支店↓

メガバンクの支店のくせに、ATMがたったの1台!建物の内にも外にもこの1台こっきり…(˘・з・˘)

常に並んでいるわけではないんですが、私が行くときに限ってお年寄りが列を成していたり、私が使うときに限ってマシーンのトラブルが起きたり…と、とにかく腹が立つマシンなんです(怒)

もちろん、支店でなくてもATMは街中にあるんですが…

駐車場のど真ん中…遠い…(笑)

そう、ここ車社会のアメリカでは、基本設計がドライブスルーなので、徒歩庶民にとって嫌がらせかと思うくらい、わざわざ面倒な場所にばかりATMがあるのです(涙)車のうしろに並ぶのって滑稽ですよね…苦笑(←私)

コンビニや大型量販店などにもATMは設置してありますが、手数料が高いので、なんとなく今まで現金をおろすのは後回しになってしまいがちでした。

でも、最近仕事を始めてお給料がアメリカの口座に振り込まれるようになったので、Bank of Americaのデビットカードで買い物してみたらびっくり!ATMを使わなくても、スーパーで簡単に現金を引き出せるんです☆

 

デビットカードを使ってスーパーで現金を引き出そう

現金の引き出し方はとっても簡単。普通にスーパーで買い物をするだけ!厳密には、アメリカで有効な デビットカードで買い物をする必要があります。

レジで会計をする際、「お会計は○○ドルです」と言われたら、カード端末にデビットカードを挿入しますよね。そうすると、もちろん代金はカード(口座)から引かれるわけですが、同時に、カード端末の画面に「Do You Want Cashback?(現金をおろしますか?)」というオプションが出現するんです。

今回は、近所のスーパー「FOOD LION」で試してみました!

▲これが支払いの際に、デビットカードを挿入したときの画面(有効なカードを挿入したときにしかこの画面は出てきません)。現金を引き出したいときには「Yes」を選択します。

▲すると、「Select Cash Back Amount」と表示され、引き出したい金額を「$10」「$20」「$40」「Other」から選択することができます。私は20ドルを選択。

金額を選択したら、あとは通常のカード決済同様、暗証番号を入力すれば完了!レジのお姉さんから、「20ドルのお返しです〜」と、レシートとともに現金が返ってきましたよ!

▲これがレシート。この日、私は「$11.49」の買い物をしたのですが、デビットカードからは、引き出した現金「$20.00」と合わせて「$31.49」が引かれたことになっています。

そして、引き出した現金「$20.00」は、「CHANGE(お釣り)」として表示されていました。

ATMではないので、基本は少額しか引き出すことができませんが(上限は不明ですが、もしかしたら数百ドルまでイケるかも!?)、アメリカでは差し当たりの現金があれば十分。買い物ついでに現金を引き出せて、しかも手数料無料!もう、神レベルの便利さです(*≧∀≦*) ちなみに、セルフレジでも全く同じように現金を引き出すことができます。

この機能を知ってからは、常にお財布の中に現金を入れておけるようになったので、より安心して買い物ができるようになりました☆

調べてみたら、このレジで現金をおろせるしくみ、実は「日本でも数年前から導入が進められていた」ということを知りました。でも、これだけ便利なのになかなか普及しないのは、現金取り扱いのリスクの問題、あるいはコンビニの台頭が著しい今、需要がそこまで見込めないという理由があるのかもしれませんね。

SPONSORED LINK

小銭を紙幣に替えるなら「コインスター」が便利!

さて、スーパーにはもう一つご紹介しておきたい便利なマシンがあります。その名も「coinstar(コインスター)」

この機械、溜まった小銭を紙幣や商品券に替えることができるんです。Walmartをはじめ、大手スーパーマーケットではだいたい入り口付近かカスタマーサービス付近に設置してあります。

▲このグリーンの機械がコインスター。画面をタッチしてスタート!

▲メニュー画面にはいくつかのオプションがあるのですが、普段使う選択肢は次の2つ。

  • Get Cash(現金で受け取る)
  • Choose an eGift Card(eギフトカードで受け取る)

今回は、小銭を紙幣に替えるため「Get Cash」を選択しました。

▲トレーにジャラジャラと小銭を入れて機械に流し込みます。

▲すると、入れた小銭がカウントされて画面に金額が表示されます。全部カウントされたら「I’m done」を押し、マシンから出てくるチケットを受け取ります。この日はお財布に入っていた小銭を入れただけだったので、「$1.16」のみでした。

▲マシンから出てきたチケットはこんな感じ。今まで気にしていなかったんですが、よく見ると「Processing Fee」が12%相当チャージされていました。実際に入れた小銭額は「$1.31」で、手数料を引かれた後の受け取り金額が先ほど画面表示されていた「$1.16」だったんですね。

このチケットを、カスタマーサービスカウンターに持っていくと、紙幣でこの金額を受け取ることができます。銀行やATMを利用しなくても、まとまった小銭をあっという間に紙幣に替えられるので便利!ただし、スーパーによっては、その日中に換金しないと無効になってしまう場合もあるようなので、チケット上の注意書きを読んでおきましょう。

私は普段あまり小銭を溜めないタイプなんですが、私の夫みたいに小銭を溜めがちな人や(笑)、小銭貯金している人にはありがたいマシンですよね。

ちなみに、最初のメニュー画面で「Choose an eGift Card」を選ぶと、手数料無料で、Amazonなどのeギフトカードに替えることもできるようなので、まとまった金額になるようだったらそちらの方がお得。機会があったら試してみたいと思います☆

 

というわけで、いかがでしたでしょうか?

スーパーにこの2つの機能があるおかげで、銀行やATMを探し求めてわざわざ足を運ぶ必要がほとんどなくなり、生活が地味にラクになりました(笑)このためにアメリカの銀行口座を作っても良いくらい便利です。

ぜひアメリカで生活される方はお試しください!

それでは今日はこのへんで。最後までお付き合いいただきありがとうございました。また次回もどうぞお楽しみに♡

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を
LINEで送る
Pocket

2 コメント

  1. こんばんは。

    私は今、ゴールデンウィークを利用してオレゴン州に来ています。手持ちのドルは60ドルで来ました笑。でも、こちらのスーパーや薬局でキャッシュバックできるから、大丈夫!って思って来ました。(アメリカの銀行口座ががまだ生きてるので)

    基本はカードで払うのですが、今回の旅では、フリマみたいなところで買い物したり、現金オンリーのお店があったりで、やっぱり手持ちがないと困る!となってます。

    ほんとに安心、そして楽ですよね。

    お店によって、上限や降ろせる単位が違いますが、その辺りは大量に降ろすことがない限り、特に問題ないと思ってます。

    そして話は変わりますが、今回の旅で、アメリカ移住については一旦取り止めることにしました。
    ですので、apricot さんのブログをますます楽しみにして、生きていきます!

    • さえさん、こんにちは!

      いまオレゴンにいらっしゃるんですね!西海岸、いいですね〜♪私も行ってみたい^ ^

      キャッシュバック、便利ですよね!旅行でも、下手に空港とかで高い手数料払って両替するよりも、断然お得で賢い選択だと思います♪

      そして、移住はいったん取り止められたとのこと、いろいろ悩まれた末の決断だったんだろうなというのが伝わってきました。今はタイミングでないのかもしれないですが、せっかくのアメリカとのご縁なので、また将来的に良い機会ができるといいですね!

      これからもノースカロライナ繋がりでぜひお付き合いいただけると嬉しいです(*^^*)

返信を書く

Please enter your comment!
名前を入力してください