シャーロットでブルワリーを開拓中!ビール好き必見の体験レビュー②

公開日: 最終更新日:
6

こんにちは、Apricotです。

近、夫婦でハマっているのが、ここノースカロライナ州・シャーロットにある「ブルワリー(醸造所)」巡り。毎週、新しいブルワリーを開拓して夫婦でビールを楽しんでいます☆最近は、だいぶ暑くなってきて日も長くなってきたので、ますますビールが美味しい季節に♡

以前ご紹介した3つのブルワリーはこちら↓

シャーロットでブルワリーを開拓中!ビール好き必見の体験レビュー①
こんにちは、Apricotです。 こ こノースカロライナ州・シャーロットは、正直、大都会のようなお買い物スポットも少なければ、エンターテイメントも限られている街。 それでも、この街の大好きなスポットを聞かれたら、間違いなく私は「ブルワリー」を挙げると思います。 私たち夫婦はクラフトビールが大好き♡ おそらく、唯一の!?共通の趣味といっても良いかもしれません。 シャーロットには、なんと、約17ものブルワリーがあると言われていて、週末に1か所ずつ試すのが目下の楽しみ♪ そんなわけで、ローカルネタにはなりますが、私たちの「ブルワリー巡りのレビュー」を複数回に分けてお届けしていきたいと思います!   The Olde Mecklenburg Brewery まず訪れたのは、人気のブルワリー「ザ オールド メクレンバーグ ブルワリー」(通称OMB)。2009年、まだシャーロットに1つもブルワリーがなかった当時に一番最初にオープンしたブルワリーで、シャーロットのクラフトビールのパイオニアともいえる存在です。 どんなブルワリー? ここはずばり、ジャーマンスタイルのブルワリー。ドイツ暮らしの経験があるボストン出身の男性が、シャーロットにも「ジャーマンスタイルのクラフトビール文化を広めたい」と思い、立ち上げたのだそう。写真には写っていませんが、右側のほうにはオープンテラスが広がっていて、まさに日本のオクトーバーフェストを彷彿とさせるような解放感あふれる空間♪ 建物内も結構広く、この日もたくさんのお客さんで賑わっていました。席数も多くてテーブルも広いので、大人数でワイワイ盛り上がるのに最適です♡ ビールの種類も豊富!ここのビールは市販でも流通していて、時々レストランでOMBブランドのビールを取り扱っているところも。ここのブルワリーでは、席でオーダーをすることもできますが、通常はカウンターで注文してその場でお金を払うのが主流。 ビールとフードはこんな感じ☆ 夫はHORNET’S NEST(右)を、私は名前にそそられて(!?)FAT BOY(左)というビールをオーダーしてみました。HORNETSというと、シャーロットの人はまず地元のNBAバスケットボールチーム「Charlotte

今日は「ブルワリー巡り第2弾」ということで、その後新たに開拓した3つのブルワリーをご紹介したいと思います♪それでは、早速いってみましょう!

SPONSORED LINK

Sycamore Brewing

今回のトップバッターは「サイカモア ブルーイング」。アップタウンにほど近い場所にあるブルワリーです。「サイカモア」とはアメリカでよく見かけるカエデに似た木の一種で、このブルワリーのマークもサイカモアの葉っぱがモチーフ。

どんなブルワリー?

ここは、おそらくですが2013年ごろにオープンしたブルワリーで、シャーロットの中でも最も規模の大きいブルワリーの1つではないかと思います。

特徴的なのは、広いパティオ(屋外)スペース。通常は入り口入ってすぐの1区画しか使っていないようですが、実はブルワリーをぐるっと取り囲む全部がパティオスペース!年に数回のイベントでは、フードトラックなども出動して、このスペースがものすごい数の人で埋め尽くされるようです!

「Tap Room」と呼ばれる屋内はウッディな作り。ここで、ビールや食事をオーダーします。ここにも若干席があるので、外が暑すぎるときは屋内が良いですね♪

ここでも、シャーロットではお馴染みの(!?)ヨガレッスンが隣の空きスペースで行われていて、終わると、トレーニングウェアを着た女性たちの社交の場(出会いの場?)と化していました(笑)

ビールとフードはこんな感じ☆

今回試したビールはこちら!ここのブルワリーにも「Sampler(飲み比べセット)」があったので、夫と私でそれぞれ好きなビールを4つずつ選んでみましたよ☆

私のこの日のお気に入りは「Apricot Wheat」(左)と「Sun Grown」(右)。Apricotはあんずの甘酸っぱさと控えめな甘みがいい感じにブレンドされたマイルドなビール。

Sun Grownのほうは、黄金色の美しい透明感に惚れ惚れ♡ お味は見ての通り軽めなんですが、ライトなビールって一歩間違うと不味くなりがち。でも、このSun Grownは適度な苦味と風味もあって、なかなかこの手のビールで美味しいやつは珍しいなと感じました☆

ちなみに夫は、黒ビールの「SCOTCHY SCOTCH SCOTCH ALE」が気に入っていた様子(面白い名前!)

そして今回のフードはこちら↑。ここの食事メニューは「ホットサンド」がメインなのですが、豚肉のサンドやマッシュルーム、野菜サンドなどいくつかのバリエーションがあります。

今回私がオーダーしたのは、ベーシックなチーズサンド「Mac Melt」($7.00)と、トリュフ風味のチップス「Truffle Kettle Chips」($4.00)。

マカロニ&チーズがそのままサンドされた、見るからに栄養のなさそうなサンドですが(笑)、味は侮ることなかれ!これが実に美味♡ アツアツのトーストはパリッと香ばしくて、中のマカロニ&チーズはトロリととろける食感!濃厚なチーズにほんのり香るハーブがなんともテイスティな逸品。チップスも、トリュフオイルが良いアクセントになっていて美味しかったです◎ いや、フードは意外に良かった!

おすすめポイントはここ!

というわけで、ここは外のテラスがなかなかの解放感&活気があり、人々やペットたちを眺めつつビールを堪能していたら居心地が良くて、結構な長居をしていた私たち。

サイカモアブルーイングは「雰囲気」「ビール」「フード」のバランスが良く、また来たいと思えるブルワリーでした!基本、年中無休なのも嬉しいポイント(不定期でクローズの可能性あり)。

また、ペット(犬)同伴の方には特にオススメ。今まで試したブルワリーのなかで、一番ペットフレンドリーだった気がします。犬のお散歩コースに立ち寄るのもいいかもしれませんね☆

Sycamore Brewing
2161 Hawkins St, Charlotte, North Carolina, NC 28203
(704) 910-3821
Hours 12:00PM – 9:00PM

Lenny Boy Brewing Co.

お次は「レニーボーイ ブルーイングカンパニー」。先ほどのサイカモアブルーイングから車で4〜5分の場所にあるので、同じ日にハシゴして行ってきました(^^)

どんなブルワリー?

2012年ごろから営業しているレニーボーイですが、今のロケーションに移転したのはつい1年ほど前のこと。大きな倉庫を改装し、広々としたタップルーム(屋内スペース)と醸造スペース、それに、後述する「こんぶ茶製造スペース」なるものまであるそうです。

ビールとフードはこんな感じ☆

このレニーボーイの最大の特徴は、通常のクラフトビールだけでなく、なんと「Kombucha(こんぶ茶)」「グルテンフリービール」など、お酒を飲む人も飲まない人も、健康志向な人も本格志向な人もみんなが楽しめる飲み物が充実していること!

アメリカで「こんぶ茶」を飲めるなんて驚きですよね!ノースカロライナでも、こんぶ茶にフォーカスしているのはここレニーボーイだけなんだとか。

でも、日本の正統派「こんぶ茶」のイメージとはちょっと違って、アメリカではこんぶ茶をベースに、ハイビスカスやラベンダーなどをブレンド。どちらかというと「ハーブティー」のような位置づけなんです。こんぶ茶の旨味成分「アミノ酸」が健康に良いと注目されているよう。

私もこの日、ターメリックが入ったこんぶ茶を試してみました。…うん、確かにこんぶ茶の旨味がする!でも、ターメリックのスパイシーさも利いていて、なんとも不思議なお味(笑)病みつきになるのも少しわかる気がします。

ビールも今まで試した限りだと(名前は忘れちゃいましたが)、どれもしっかりした味わいで満足♪ここもSamplerがあるので、気軽にいろいろ飲み比べられます。

そして、ここに来たらぜひ試していただきたいのが、フードトラックの「A Bao Time」。レニーボーイ自体は食事を提供していないのですが、コアタイムにはほぼ常時このフードトラックがスタンバイしています。

「Bao(バオ)」というのは中国語の「包(バオ)」がそのまま英語になったもので、いわゆる中華料理で出てくる「蒸しパン挟み」のこと。アメリカでは、スナック(軽食)として、このバオが人気なんです。

↑これがバオ。いくつか種類があるのですが、これはシラチャ(スパイシーソース)を使った「Sriracha Fried Chicken」。夫が美味しそうに食べていました。

以前、私もここで「Kimchi Pork Belly」(豚キムチのバオ)を食べたことがあるのですが、それもすごく美味しかったですよ!スナックとして、ちょっと小腹が空いたときに食べれる手軽な大きさなのも◎!

そして「A Bao Time」ではこんなデザートまで!クレームブリュレ(*’▽’*) 表面はパリパリで中はトロ〜リ!アメリカで食べたクレームブリュレの中で、一番美味しかったかも。フードトラック、なかなかやりますね!

1つ注意点は、「A Bao Time」は通常1人か2人で全てのオーダーをこなしているので、注文してから出来上がるまで15分くらいかかります。先にフードをオーダーしてから、ビールを注文しに行くといいですよ☆

おすすめポイントはここ!

ここはテラス席がもう少しあったら言う事ないのですが、運良く席が取れればとてもアットホームな雰囲気で居心地の良いブルワリー♪サイカモアブルーイングの混み具合が苦手な人には、程よく落ち着き感のあるこちらの方がオススメです。

また、ビール以外にも、こんぶ茶やフードトラックなど、他にはないユニークなメニューを楽しめるのも、ここレニーボーイならではのおすすめポイント♡

よく駐車場がなかったり、有料駐車場しかないブルワリーも多いのですが、ここは専用駐車場が目の前なので、駐車場所に困らないのもGOODです!(ただし、ブルワリーの裏手は少し治安の悪そうなエリアなのであまり徒歩でウロウロしないようにしましょうね)

 


Lenny Boy Brewing Co.
3000 S. Tryon St. Charlotte, NC 28217
Phone: 980-585-1728

Monday & Tuesday Closed
​Wednesday & Thursday 4pm-9pm
Friday 3pm-11pm
Saturday 11am-11pm
Sunday 12pm-7pm

 

Suger Creek Brewing Company

さて、最後にご紹介するのは「シュガークリーク ブルーイングカンパニー」。実はこのブルワリー、前回ご紹介した「The Broken Spoke」のお隣!もう1つのブルワリー「Old Mecrenburg Brewery」からも徒歩圏内で、ここ一帯には3つのブルワリーが集中していることになります。

どんなブルワリー?

レンガ造りの建物にお洒落なペイントが目を引くシュガークリークブルーイングは、ベルジャンスタイルのビールを専門としているブルワリー。新鮮な材料にこだわり、ベルジャンビールが持つ独特の複雑な味わいとアロマを売りにしています。

ここでも、フィットネスクラブ終わりの女性たちでごった返していました(笑)もはや、アクテビティをやっていないブルワリーのほうが少数ですね!

タップルームのカウンター。店内の内側にもこだわりが感じられます☆ここでビールと食事をオーダー。

ちなみに余談ですが、バーやブルワリーのカウンターで注文をすると、よく「Do you want to keep your card open or close?」と聞かれることがあります。

これはカード払いの場合、いちいち注文のたびに支払いをする手間を省くため、カードを預けておいて、その場ではいったん「会計を締めないでおく(open)」ことができるしくみ。

2杯目以降は、名前を言えば自分の会計に付けておいてもらえ、最後に会計を締めて(close)まとめて支払うことができます。

平日の夕方なのに結構な混み具合。奥に見えるウィンドウの後ろがブルワリー(醸造ルーム)です。

ここのブルワリーはアクテビティがたくさん!ヨガやフィットネス、ライブミュージックはもちろん、なかにはドッジボール大会や室内フリスビーなんてのも(笑)個人のイベントにも対応していて、ミニタップルーム(カウンタースペース)もあるんだとか。

他のブルワリー以上に、「Social(社交の場)」に力を入れている印象でした。

ビールとフードはこんな感じ☆

さて、気になるビールはこちら☆ シュガークリークの看板メニューともいえる「Sugar Creek Pale Ale」「Sugar Creek IPA」を試してみました。

ペールエールのほうは、シトラスやグレープフルーツが香るビールで、IPAのほうもトロピカルなフレーバーが特徴。どちらも本来なら大好きなフレーバーのはずなんですが…

「うーん、アロマが強い割にはテイストが貧弱な気がするね」(・ω・`)

と夫婦で意見が一致。ベルジャンビール特有の複雑な味わいに欠けていて、バランスが悪く感じてしまったのが残念です…。

フードのほうはというと、ここではパニーニとサラダが主な食事メニュー。夫は「Wild Turkey(ターキーパニーニ)」($9.00)を、私は「Hot Hen(バッファローチキンパニーニ)」($9.00)を頼んでみました。

見た目美味しそう!…なんですが、食べてみると、

「んー、これホントにチキン??」

と思うような、とてもライトな食感。。夫のターキーとほとんど同じだし…しかもバッファローソースならもうちょっとお味にパンチがあっても良さそうなところ、お味もこれまたライト。なんだか物足りない感じ。。お腹いっぱいにはなりましたけどね(^^;;

おすすめポイントはここ!

というわけで、ここシュガークリークブルーイングの感想としては、雰囲気は悪くなく、むしろお洒落感漂うブルワリーなんですが、どうも肝心のビールとフードが中途半端な感じがして、正直なところ「リピートはないかな〜」というのが私たち夫婦の結論でした。でも、「Ale」だけでもたくさんの種類があるので、他にも試してみたらまた違うのかなーとも思います。

いずれにしても、The Broken SpokeやOMBととても近く、この2つとは違ったベルジャンスタイルのビールを楽しめるので、ハシゴするにはピッタリのロケーション。ヨガやミュージックライブなど多彩なアクティビティに興味がある方にもオススメです☆


Sugar Creek Brewing Company
215 Southside Dr
Charlotte, NC 28217
Tel – (704) 521-3333
info@sugarcreekbrewing.com

Mon – Wed : 4pm – 9pm
Thursday : 4pm – 10pm
Friday : 2pm – 11pm
Saturday : 11am- 11pm
Sunday : 12pm – 8pm

 

さて、ブルワリー巡り2回目、いかがでしたでしょうか?

今回も、それぞれのブルワリーに個性があり、シュガークリークは前評判ほどではありませんでしたが、美味しいビールと食事にすっかりご満悦だった私たち(´∀`) これで6か所制覇ですが、まだシャーロットには開拓すべきブルワリーが10以上もあります!

次はどこに行こうかな〜♪

というわけで、また次回のレビューも楽しみにしていてくださいね!それでは今日はこの辺で。

お読みいただきありがとうございました☆

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を
LINEで送る
Pocket

6 コメント

  1. こんにちは!
    以前のブログに何度かコメントさせていただいたことのあるピコと申します^ ^
    新ブログ開設、おめでとうございます!とても見やすくて、さっそく役に立つ情報ばかりで、また愛読させてきただきます(*^_^*)
    私は4月に無事永住ビザが取得でき、6月に家族で渡米予定です。コネチカット州に住む予定ですが、夫も中西部出身で、さらに10年近く日本に住んでいるため、逆カルチャーショックになりそうで心配です汗
    Apricotさんのブログで私も今からアメリカ生活の予習をしなければ!これからも更新がんばってください!楽しみにしています☆

    • ピコさん、お久しぶりです!!そして、ビザ取得おめでとうございます*\(^o^)/*

      コネチカット州に移住されるんですね!これから忙しくなるかと思いますが、お身体に気をつけて…!旦那さん、たくさん手伝ってくれるといいですねー☆

      うちの夫は日本は2年位だったのでドップリではなかったですが、それでも、日本の便利さや病院の安さの味を占めてしまって逆カルチャーショック受けてます(笑)

      ところで、私もピコさんのブログ、久々に拝見しました!日本ではあまり時間が取れなかったのですが、今は人のブログを読むのが日々の楽しみになっていて(笑)私も愛読させていただきますね♡

      ピコさんのビザ面接の記事のなかで、「Legend of Zelda」に笑ってしまいました、うちの夫と気が合うこと間違いないです(笑)ホントにうちの人は暇を惜しんでゲームしています(^-^;

  2. Apricot さん こんにちは。以前修理に関する英語の記事にコメントさせていただいたhoukiです。無事(?)Raleighに来て約2カ月たちました。シャーロットのイケアも行ってきました!
    我が家も夫とブルワリー巡りを楽しんでいます!日本から連れてきた犬がいるので、Dog friendlyなお店を見つけて出かけることが多いです(^^♪。
    とあるブルワリーでは、Samplerのことを「flight 」と掲示していました。フライト、もサンプラーと同じ意味なのでしょうか?ぜひ旦那様に聞いていただけると嬉しいです!

    • houkiさん、お久しぶりです!
      無事、渡米されてお元気そうで何よりです♡

      Raleighにもブルワリーがあるんですね!!
      そうですそうです、「flight」もサンプラーと同じです!私も、前回ちょうど夫が「flight」という頼み方をしていて、何それ?と聞いたらサンプラーのことでした(^^)

      英語ではちょくちょく「バー用語」みたいなのがあって知らないと「え!?」ってなりますよね(笑)

      Raleighにはまだ行くチャンスがないのですが、もしオススメのブルワリーに出会ったらぜひ教えてください♡

  3. Apricotさん お返事ありがとうございます!flightもサンプラーと同じ意味なんですね~(メモメモ)勉強になりました!
    こちらはシャーロットのように食事のメニューもしっかりあるブルワリーは少なくて、食べたいときはほとんどが敷地に来るフードトラック頼みなんです。タイミングが悪いとまだフードトラック来てません、なんてことも…(^^;。
    Raleighのおとなり、Caryのこぢんまりしたブルワリーですが、Bond Brothers Beer Company おすすめです!いつもtotsという小さなハッシュポテト&色々なトッピングを提供するフードトラックも来ていて、ちょっとお客さんたちもオサレ?な方が多いような気がします。もちろんワンコOKです!
    Raleigh方面へお越しの際はぜひ行ってみてください(^^)/!

    • houkiさん、こちらこそ、早速の情報ありがとうございます!!

      Caryのブルワリー良いですね!totsとかトッピングとか…絶対それ美味しいやつですよね!!(๑>◡<๑) Cary方面に行くときの楽しみができました♡どこのブルワリーも、食事に関しては結構、節約志向ですよね(笑)シャーロットも食事を提供するところがあるとはいえ、充実具合はまだまだなので、今後に期待!?です〜!

返信を書く

Please enter your comment!
名前を入力してください