シャーロットのアップタウン散策に便利☆ライトレール「Lynx」の乗り方

公開日: 最終更新日:
0

こんにちは、Apricotです。

日は、ノースカロライナ州・シャーロットを走るライトレール、「Lynx Blue line(リンクス ブルーライン)」について。

シャーロットでは、ちょうど10年前(2017年)に、初のライトレールとして「Lynx」が開業しました。街の中心部「アップタウン」から、南部「パインビル」までの約9.6マイル(15.5km)を結ぶ交通手段として利用されています。

ただ実際のところは、シャーロットはまだまだ圧倒的な「車社会」。アップタウンは基本的に「金融街」なので、勤務先がアップタウンでもない限り「Lynx」を日常的に利用する人は、実はそれほど多くありません。

とはいえ、アップタウンには企業やコンベンションセンター、ホテルが集中しているため、出張や旅行でアップタウン近辺に滞在される方も多いはず。

「遠出する時間はないけど、ちょっと街の散策をしてみたいな」という方や、「慣れないアップタウンで運転するのはちょっと…」という方、「タクシーやUberは抵抗があるな…」そんな方には「Lynx」がおすすめです☆

今日は、「Lynx」の運行状況や乗り方はもちろん、乗った感想や気になる「安全面」についても、元在住者の視点からご紹介してみたいと思います♪

SPONSORED LINK

「Lynx」の運行状況・運賃

ライトレール「Lynx」をはじめ、バスやトロリーなど、シャーロットの公共交通機関はすべてCATS(Charlotte Area Transit System)という政府系機関によって運行されています。

路線マップ

2017年10月現在の「Lynx Blue Line」の路線がこちら!↓ …見てのとおり、1路線だけなので非常にシンプルです(笑)

http://charlottenc.gov/cats/rail/lynx-blue-line/Pages/Stations-Park-and-Rides.asp

駅は全部で「15駅」。北の起点「7th Street」駅から、南の終点「I-485(アイ・フォー・エイティーファイブと読みます)」駅まで、だいたい所要時間は30分。それほど長い路線ではありません。

この中で、いわゆる「アップタウン」の中心部にあたるのが、「7th Street」駅から「Stonewall」駅あたり。企業やホテルもこの近辺に集中しています。

一方の終点「I-485」駅は、南部「パインビル」エリアの玄関口。シャーロットのなかでは、モールが多く点在する「商業エリア」として知られています。

路線図をよくよくご覧いただくとわかるのですが、南部方面の7駅に大型の「駐車場」が併設されているのが、「車社会」シャーロットならではの特徴(Pマークがついている駅)。日本と違い、駅まで徒歩やバスで行ける人は多くないので、みんな車を駅に停めて、ライトレールに乗り換えるんです☆

また、この路線図にはありませんが、「バスに乗り換えられる駅」は車内の路線図や時刻表に表示されています。

 

時刻表

時刻表も完備されていますよ♪

原則、年中無休。平日のラッシュ時間帯だとおおよそ「10分間隔」、日中だと「15分間隔」で運行しています。

夜間になると「30分間隔」と本数は減るのですが、驚くのは、平日は深夜1:00まで、日曜日でも夜0:00まで運行していること!

シャーロットで深夜残業する人はほとんどいないと思うのですが、うっかりお酒が進んで遅くなってしまっても、終電がこの時間まであるのはありがたいですね(^_-)

Apricot
通常はほぼ「定刻どおり」に動いていますが、折り返し運転なので、何かあると上下線ともに遅れる傾向が…!

 

運賃

2017年10月現在の運賃は以下のようになっています。

http://charlottenc.gov/cats/fares/fares-passes/Pages/lynx-fares.aspx

切符の種類

「Lynx」の切符には、「One-Way(片道乗車券)」「Round-Trip(往復乗車券)」「One-Day Unlimited Rides(1日フリー乗車券)」「Weekly Unlimited Rides(7日間フリー乗車券)」「Monthly Unlimited Rides(1か月定期券)」があります。

開業した10年前は、片道1.5ドルだったそうなので、随分値上がりしたことになりますね(汗)

「Lynx」のウェブサイトによると、「往復乗車券」は、購入してから「90分以内」に最初の乗車をしないと無効になるので要注意。復路はその日の終電まで有効とのこと。

出張や旅行、通勤などで、一定期間にまとまった回数を乗る場合は「フリー乗車券」がお得みたいです!

シニア・障害者・こども運賃

また、割引運賃が適用されるのは「Senior 62+(62歳以上)」「ADA-Disabled(障害者)」「K-12(高校生以下)」の3つ。

「シニア」と「障害者」は、それを証明できるIDを常に携帯しておく必要があります。また、「高校生以下」の学生も、学生証をいつでも提示できるようにしておかなければなりません。

大学生については原則「大人運賃」が適用されるのですが、大学経由で割引パスを購入できることもあるようです。

そのほか、12歳以下の子供は大人の同伴が必要で、5歳以下の子供は運賃無料です。

 

シンプルすぎる!?「Lynx」の乗り方

それでは早速「Lynx」の乗り方をご紹介したいと思います!

駅周辺には「Lynx」と書いた青いサインが出ていて、外からも線路や駅が見えやすいので、駅の入口はすぐに見つかると思います。

▼ほとんどの駅では、入口の奥はすぐに「プラットホーム」!

「あれ?なんか、開放感あるなぁ〜」と思っていたら…

実は、「改札」がないんです!

出入り自由♡

こりゃ、結構な「無賃乗車率」ではないかと踏んでおります…w

▼でも、一応こういう「券売機」がプラットホームの入口にあるので、必ず「切符」は購入しておきましょう!時々、車内で車掌に切符提示を求められることがあります。

切符の購入は至ってカンタン♪

▼まずは「切符の種類」を選択。降りる駅に関わらず「一律運賃」なので、切符の種類だけを選べばOK!

これが残念ながら、ここまでデジタルな見た目なのに「タッチパネル」ではないのでw、画面で欲しい切符を見つけたら、その真横にある「アナログなボタン」を押します。

例えば、写真の「One Way Ride(片道乗車券)」が欲しい場合は「R3」ボタンを、「Round Trip(往復乗車券)」が欲しい場合は「L4」を押す、という具合です。

それから、「大人・子供」の別、必要な「人数」を選び(これも、真横のボタンを押します)、支払いをすれば完了!マシンの下の方から、「切符」と「お釣り」が出てきます。

支払いは、「現金」だけでなく「クレジットカード」または「デビットカード」も使えますよ☆

Apricot
「アナログボタン」は反応が鈍いので、少しイライラするかもしれません(^^; また、どの駅にも券売機は「1台」しかないので、前の人がモタモタしているうちに電車が行っちゃうことも…(笑)

 

さて、「切符」を購入できたら、いよいよ乗車!

▼中はこんな感じで、アメリカにしては結構キレイ☆

ときどき、停車中の車両はドアが閉まっていることがありますが、ドアの横にあるボタンを押すとドアが開きます。

また降りる際にも、基本は自動でドアが開きますが、寒い日はボタンを押さないと開かない「手動式」のときも。

乗車時に注意することは特になく、降りたい駅で降りるだけ。もちろん「改札」はありませんので、そのまま駅を出ればOKです!笑

SPONSORED LINK

乗ってみた感想と安全性

それでは、私が今まで在住者として実際に利用してきた感想や、安全面についてもシェアしたいと思います☆

乗り心地

「Lynx」の車両は、写真でご紹介したように、見た目も比較的新しくて車内も綺麗。

日中は大きな窓から陽の光が差し込んでくるので「乗り心地」はなかなか快適です^ ^ 窓からは街並みもよく見えるので、 のんびり観光気分を味わえますよ♪

ただ、座席がフラットなので、乗り続けていると地味にお尻が痛くなってくるのが珠に傷(笑)

また、本数が少ない時間帯は、タイミングを逃すと延々とプラットホームで待つことになり、さらに普通の電車に比べると速度もスロー。。余計に時間がかかることがあるので、余裕を持った利用がおすすめです。

利便性

「利便性」については、今現在は「1路線」かつ「短区間」のみなので、どうしても不便さは否めません。が、アップタウン周辺を移動するだけなら、とても便利な交通手段

アップタウン内は、車も混み合ううえに駐車場もなかなかないので、特に短期滞在の方には運転はおすすめしません。

アップタウン周辺では「Lynx」を利用し、もっといろんな観光をしたい場合や、お買い物スポットに行きたい場合は、配車サービスの「Uber」または「Lyft」を利用するのがオススメです☆

★UberとLyftの利用方法については、こちら↓の記事をどうぞ★

アメリカでUberとLyftを乗り比べ!便利でお得なのはどっち!?〈前編〉
こんにちは、Apricotです。 最近、急成長を遂げているアプリを使った配車サービス。Uber(ウーバー)は、日本ではタクシー労組が強いのであまり普及こそしていませんが、それでもだいぶ知られるようになってきましたよね。 ここアメリカでは、他にもいくつかの配車サービスが存在するのですが、なかでもUberとともに人気なのが、ライバル会社のLyft(リフト)。今のところ、配車サービスといえば「Uberか?Lyftか?」という二大勢力です。 ここノースカロライナ州・シャーロットでは、一応電車もバスもあるのですが、あまり発達しておらず、車がないと生活できません。我が家のように、「日中、出かけたいけど、夫が仕事で車を使ってる」なんてときには、このUberとLyftが大活躍というわけなんです☆ 今回は、〈前編〉と〈後編〉の2回シリーズに分けて、「Uber」と「Lyft」についてご紹介していきます。 まず〈前編〉では、「そもそも配車サービスって何が便利なの?」ということや、初めての方向けに、「Uber」と「Lyft」の配車の仕方などについてお届けします☆ 手っ取り早く「クーポン情報」や「乗り比べの感想」を読みたい方は、こちら↓の〈後編〉をどうぞ♪ https://daysintheusa.com/uber_vs_lyft2/ そもそも、配車サービスとは?何が便利なの? 日本に住んでいる方は、まだ使ったことのない方も多いと思いますので、まずは簡単に「配車サービス」について説明しますね。 タクシーの場合は、路上で捕まえたり、電話で配車を依頼したりするのが一般的ですが、UberやLyftなどの場合は、配車の手配、行きたい場所の設定、支払いすべてをアプリで完結できるのが最大の特徴です。また、タクシーとは違い、UberやLyftはドライバーが所有する個人の車を利用するのも大きな違い。 路上で捕まえる or 電話で呼ぶ タクシー会社の専用車に乗車 ドライバーに行き先を伝える 下車時に支払う アプリで配車を手配 ドライバー個人が所有する車に乗車 アプリで行き先を設定 アプリで支払う そしてこの配車サービスによって、何が便利かというと、   アプリ上でドライバーが何分後に到着するか確認できる 予めアプリに住所やランドマークを入力する事で、行き先を確実に伝えられる

気になる安全性は…?

そして「海外の電車」というと、気になるのが安全性(治安)ですよね。

私はこれまで10回以上「Lynx」を利用してきましたが、結論から言うと「日中であれば、女性一人でも、子連れでも乗れる」くらいの安全性はあると思います。

乗客は「アフリカ系」の人々の割合が高く、最初は「大丈夫かな…?」とちょっと心配だったのですが、基本的には通勤や通学で利用する人々、家族と出かける人々がメイン。ホームレスのような人は不思議とあまり見かけません。

さらに通勤ラッシュ時間帯になると、それなりのビジネスパーソンや欧米系の人々も普通に乗っているので、日中に関しては、そこまで心配する必要はないかと思います。

ただし、やはり夜間の一人歩き・一人乗車は避けたほうが無難。特に駅周辺は暗くなるので、男性も気をつけたほうが良いと思います。また、車内で貴重品を持ったまま居眠りするなんてことも当然ご法度です!

 

拡張に向けて準備中!「Lynx」の将来が楽しみ!

今はたった「1路線」かつ「短区間」と寂しいライトレールですが、市の計画によると、今後2030年までに、続々とライトレールの拡張が進められる予定なんだとか☆

そのうち最も早く実現しそうなのが、現在の「Blue Line」の延長プロジェクト。「7th Street」から更に北に伸長し、「NODA」というお洒落エリアを通って「Universityエリア」まで繋がるそうです。

ここ近年、人口が増え、特に北へ向かう国道「77号線」が非常に渋滞するようになったため、今回のブルーラインの伸長は、利便性の向上や渋滞の緩和にも期待が持てそう!

予定では来年、2018年開業とのこと。すでに路線自体は完成していて、乗客輸送に向けて準備中とのことなので、来春にも開業するのではないかと期待が高まります☆

http://charlottenc.gov/cats/transit-planning/2030-plan/Pages/default.aspx

このほかにも、「2030 Plan」と呼ばれる市の計画では、上図のように「Red Line」「Silver Line」の新たな建設、「Gold Line」(トロリー)の伸長などが検討されており、これらが完成すると、シャーロット市内を囲む「環状I-485号線」に交わるようにして、5方面の交通網がカバーされることに。

まだ、建設は調査・協議段階で、開業時期などは未定ですが、シャーロットがどんなふうに変貌を遂げるのか、将来がとっても楽しみです!

 

 

というわけで、いかがでしたでしょうか?

今回は、ローカルな話題になりましたが、意外と「Lynx」に関するまとまった情報がネットにも出ていなかったので、自分なりにまとめてみました!

次回のブログでは、さらに「Lynx」から徒歩圏内でアクセスできる、「沿線の立ち寄りスポット」もご紹介したいと思いますので、どうぞお楽しみに★

それではまた!最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を
LINEで送る
Pocket

返信を書く

Please enter your comment!
名前を入力してください