Southern Foodってこんな感じ!アメリカ南部に来たら一度は食べてみたい一皿☆

公開日: 最終更新日:
7

こんにちは、Apricotです。

日は、せっかくノースカロライナに住んでいるので、私がこっちに来てから出会った、アメリカの南部らしい料理をご紹介したいと思います!
そもそも、南部ってどのあたり!?といったことから、代表的な南部料理、そして気軽に南部料理を楽しめるレストランなどもご紹介しますよ☆

SPONSORED LINK

Southern Foodって?

アメリカ南部ってそもそもどこ!?

皆さんは「アメリカ南部」と聞いてどこをイメージしますか?

アメリカに移住して来る前は、私はなんとなく「フロリダ?」っていう程度のイメージしかありませんでしたが、Wikipediaによると、下の地図のように「南部」って実は結構広範囲。

出典:Wikipedia

Dark red states considered Southern; medium red usually considered Southern; striped states occasionally considered Southern.

濃い赤が「南部」と考えられている州、赤がたいていの場合「南部」と考えられている州、そしてストライプが場合によっては「南部」とされることもある州。

ちなみに私が住んでいるノースカロライナ州は、濃い赤が塗られている、一番右上の州になります。ギリギリ、「コアな南部の州」なんですね。

本当は、「南部料理」というとルイジアナ州とかもっと南部の地域が本場なんでしょうが、ノースカロライナでも、「ソウルフードといえばSouthern Foodだよね」といった意識が強く、とても身近な存在です。

「南部料理」の特徴3つ

「南部料理」は、ネイティブインディアンやイギリス、スコットランド、フランス、アフリカなどの様々な地域の料理が、歴史の変遷のなかで織り交ざってできた料理だと言われています。細かく見ると色々な定義があるのでしょうが、私が思う、Southern Foodの特徴はズバリ次の3つ!

  • 基本はファーマーズ田舎料理
  • ピリ辛ケイジャンスタイル
  • なんでもとりあえずディープフライ

基本は、チキンやポークなどの肉料理が中心で、それにビスケット(ケンタッキーのようなパン代わりになるビスケットですね)やコーンブレッド、チーズやバターを使ったサイドディッシュが多く、昔ながらの「牧場の田舎料理」っていう感じがします。

ただ、メキシコなど南米の影響もあってか、スパイシーな味つけが多いのが特徴。なかでも、パプリカやチリ、ガーリックやオレガノなどをミックスさせた「ケイジャンスパイス」を使った料理が有名です。

ケイジャンはCajun》米国南部ルイジアナ州の料理。タバスコチリなど辛いスパイスのきいているのが特徴。
[補説]ケイジャンは、米国のルイジアナメーン両州に住む、カナダ南東部の旧フランス植民地のアカディアから移住してきたフランス人のこと。

出典:コトバンク

さらに、南部料理の特徴は「なんでも、とりあえずフライにしてしまう」ということ(笑)!
以下でご紹介しますが、フライドチキンに始まり、フライドオクラ、フライドハラペーニョ、フライドピクルスなどなど…日本では、「え、そんなものまで!?」と思うような食材まで油で揚げてしまうんですよね^^; 南部の人たちは、フライが大好きなんです。

それでは、具体的にSouthern Foodを見てみましょう☆

SPONSORED LINK

Southern Foodをいろいろご紹介!

フライドチキン

まずは定番、フライドチキン。

ここ南部の人たちは、チキンが大好き♡まさにケンタッキーフライドチキンを思わせるような、食べ応えのあるフライドチキンが主流です。

でも、なんとなくこのフライドチキンは、レストランで食べるものというよりは、スナックとしてファーストフード店で食べるほうが多く、普段からフライドチキンばっかり食べているわけではありませんw

写真は、ここノースカロライナ州・シャーロット生まれのチェーン・BoJangle’sのフライドチキンとビスケット。

 

フライドピクルス

日本ではあまり馴染みのない、フライドピクルス。
「美味しいの!?」って感じですが、いわゆるハンバーガーに入ってる、あのキュウリのピクルスをそのまま揚げた味です(笑)

でも、揚げることによって、少しだけ酸味がマイルドになるような。通常、タルタルソースが付いてくるのですが、タルタルソースにもピクルスが使われるだけあって、さすがに相性バッチリ☆ あまりたくさんは食べられませんが、少々クセになるお味です。

 

フライドオクラ

こちらは、Pulled Porkとスイートポテトフライに、パンとフライドオクラがセットになった一皿。てんこ盛りですが(笑)、アメリカ南部ではお馴染みな組み合わせです。写真は、「The Diamond Restaurant」のもの。

ちょっと見づらいですが、ポークの奥の小皿に盛ってあるのがフライドオクラ。アメリカでは、オクラはこのようにシンプルに揚げたり、後ほど出てくるジャンバラヤに入っていたりと、とてもポピュラー☆

数年前、カナダでワーホリするまで、オクラは日本語だと思っていた私(苦笑)。でも、オクラは英語でもOkura(オゥクラ)です。歴史の先生をしている義妹によると、オクラはアフリカから奴隷と一緒にもたらされたものなんだそう。

ちなみに、Pulled Pork(プルドゥポーク)というのは、写真のように割いた豚肉の料理で、これも南部の定番料理です。お好みでバーベキューソースやビネガーなどをかけて食べます。煮た豚肉をわざわざ割く、手間のかかる料理なんですが、個人的にはパサパサするのでちょっと苦手かな…。

それから付け合せのスイートポテトフライは、南部だけでなくアメリカ・カナダ全域でとてもメジャーなサイドディッシュですが、これは私も大好き♡ 甘くてついつい手が伸びてしまう、危険な食べ物ですw

フライドハラペーニョ

そしてこれまた、フライです(笑)

ただのハラペーニョ(とうがらし)なのですが、中に少しスパイスの利いた詰め物が入っています。ハラペーニョってあたりが、メキシカンっぽいですね。サクサクのクリスピーな衣も南部っぽい!でも、とりあえず、これは辛い!(涙)

夫が、私にサザンフードを食べさせたくて(勝手に)頼んだんですが、二人でヒイヒイ言いながら食べたのでした…(苦笑)

写真は、「Razzoo’s cajun Cafe」という、ちょっとヒッピーな感じのSouthenレストランのもの。

 

ジャンバラヤ

そして、こちらは「ケイジャン料理」の定番、ジャンバラヤ!
日本でも、きっと一度は食べたことや聞いたことがあるのではないでしょうか。

響きからしてアジアン料理かと思っていましたが、アメリカの南部を代表する料理です。
チキンやソーセージ、パプリカ、セロリ、オクラ、ハラペーニョなどがいろいろ入った、パエリアもしくはリゾットみたいな混ぜご飯。ちょっぴりスパイシーで食欲をそそる、私の大好きな一皿です☆

沿えてあるのは、Collard Green(カラードグリーン)という、ホウレンソウよりも少し繊維質な野菜。南部でよく見かける野菜で、こちらもアフリカ原産なんだとか。アメリカ南部では、日本のような房の大きいホウレンソウが少なく、Collard Greenのほうがポピュラー。甘みはほとんどなく、繊維質なので味はあまり好きではありませんが、緑黄色野菜を食べた!って気になれます。

コーンブレッド

それから、Southern Foodといえば、個人的に欠かせないのがコーンブレッド!

これは、「12bones」という、オバマ元大統領も訪れたと言われている人気のポークリブ店の一品。右の豪快なお肉の塊がポークリブで、左奥のパウンドケーキみたいなやつがコーンブレッド、左下はマカロニ&チーズです。

コーンブレッドはその名のとおり、コーンの粉で作られた、素朴なブレッド。でもこれがコーンのほのかな甘みがあって美味しいんですよ!アメリカに来てから、コーンブレッドのミックスを買ってきて、月に2回くらいは家でも焼くくらい大好きです♡

ちなみに遠いのでなかなか行けませんが、ここのリブ、最高です!

 

ミルクバタービスケット

これも、南部料理の定番、ミルクバタービスケット!

このビスケットを焼けるようになれば、晴れて「アメリカ南部の嫁」と認められる日も近いかも!?(焼いたことはありませんが…)

写真のビスケットは、その名も「Flying Biscuit」という、Southernスタイルのブレックファーストを楽しめるお店のもの。大きくてふっくらしていて、やはりそこらのビスケットとは格が違います!焼きたてで美味しい!

ビスケットには、お好みでジャムを塗っていただきます☆

 

ハッシュパピー

出典:food network

さて、思わず「犬!?」かと思ってしまうようなネーミングのハッシュパピー。名前だけ聞いても、全く見当のつかないこの食べ物は一体!?

ハッシュパピーとは、トウモロコシの粉に小麦粉や牛乳、卵を加えて揚げたドーナツのような料理。昔、犬を黙らせるためにコーンボールをあげたことから、この名前がついたとか。

なんだか、沖縄のサーターアンダギーに似てるような。肉や魚の付け合わせとして、パン代わりに食べたり、ソースを付けて食べたり。私が食べたものはとてもプレーンなハッシュパピーだったのですが、ハラペーニョを入れたり玉ねぎを入れたり、いろいろアレンジされたものも存在するようです。南部料理のレストランで試すことができますよ☆

 

グリッツ

この「グリッツ」というのも、日本人には馴染みのない響きですが、南部料理のレストラン、とりわけブレックファーストでよく登場します。

グリッツは、乾燥させたトウモロコシを挽いた粉で作ったお粥のような食べ物。そのままだと、まるで中華粥みたいで、「アメリカの食べ物でこんな味気のないものがあったのか!」と思うくらい、プレーンです(笑)

でも、写真のグリッツは、チーズを足してクリーミーにアレンジしたうえで、ケイジャンスタイルのシュリンプをトッピングしたディナー向けのグリッツ。ちょっとマッシュポテトみたいで美味しかったです。ビスケットと同じく、「Flying Biscuit」でいただきました。

いやはや、それにしても、コーンを使った料理が多いですね!全く余談ですが、以前ビデオゲームの「桃太郎電鉄USA」を遊んだとき、ノースカロライナ州あたりにはコーン畑しかなかったのを思い出しました(笑)(その土地の有名なモノが地図に描かれているんですが、ノースカロライナにはコーンしかないんかい!って思った記憶が…笑)

 

ブレックファースト

こちらは定番のブレックファースト。「Cracker Barrel」という、ローカルっ子に人気のSouthernレストランでいただきました。

全部は見づらいですが、卵料理、カントリーハム、ソーセージ、ベーコン、そしてハッシュブラウンキャセロール。これに、付け合せでビスケットとグリッツ、煮たアップルまで付いてきて、ボリューム満点!

カントリーハムは、厚切りハムのようなやつなんですが、かなりしょっぱい…元々そういう味付けなんだそうで、しょっぱいから嫌いという人も多いとか。でもそれ以外は、どれも美味しかったです。やはり、「ビスケットとグリッツ」ってあたりが、Southernっぽいですね♪

 

サンクスギビングフード

こちらも「Cracker Barrel」でいただいたもの。

実際のサンクスギビングデーのときには、もっと豪華に盛り付けて、皆で集まっていただくものなのですが、このプレートも基本的にはサンクスギビングで食べる典型的な料理。グレービーソースのかかったターキーのグリルと、スイートポテトのキャセロール。

こちらでは、チキンもポピュラーですが、同じくらいターキー(七面鳥)も好んで食べられます。味は、チキンよりもちょっとあっさりした感じ。クランベリーソースを付けるとこれが意外に好相性で美味しいです☆

キャセロールとは、いわゆる「煮込み料理」のことを指すようで、潰したスイートポテトに少しレーズンが入っていたと思います。これも甘くておいしかったですよ!

 

ニューイヤーフード

最後は、アメリカ南部の典型的なニューイヤーフード。

アメリカでは、直前のクリスマスを盛大に祝うため、お正月は日本と比べるとだいぶあっさりしています。日本のように「お正月はおせち料理を食べないと始まらない」といった概念も強くはありません。それでも、一応アメリカ南部には、伝統的な「お正月料理」というものがあります。

ハム、コーンブレッド、カラードグリーン、ブラックアイドピー(黒目豆)がその代表的な食べ物。ブラックアイドピーはコイン(お金)の象徴、カラードグリーンもアメリカ紙幣が緑色をしていることから、富の象徴とされています。コーンブレッドとハムもきっと意味があるのだと思うのですが…夫もわからないそうで(苦笑)わかったら追記します!

SPONSORED LINK

Southern Foodを食べられるシャーロット近郊のレストラン

いろいろと代表的な南部料理をご紹介してきましたが、上記でも少し触れた「南部料理を食べられるレストラン」をいくつかご紹介したいと思います!

Cracker Barrel

ここは、南部料理で有名なレストラン。夫にとって、「地元の慣れ親しんだレストラン」といったらココなんだそうです☆

ノースカロライナにいくつかと、サウスカロライナにもあるチェーン店。「Cracker Barrel」は発音がちょっと難しくて、「クラカバロー」っていう感じに一気に読みます。

ここはとにかく、ホームスタイルの南部料理が気軽に楽しめるレストラン♪なかでも、ブレックファーストが人気で、朝だけでなく一日中頼むことができます。雰囲気も「ザ・南部」っていう感じで、意外にデコレーションが可愛く隣接の雑貨ショップも面白いので、オススメのレストランです。

yelpではあまり接客の評判が良くないのですが^^;、私たちは特に気になりませんでした。ただ、私たちが行ったのがサウスカロライナのお店だったからか、ウェイターのSouthern訛りがすごく強くて、私には難関でした(笑)そういうのも含めて、南部料理を楽しめるお店です。ノースカロライナの遊園地「キャロウィング」の近くなので、遊ぶ前後に立ち寄るのもおすすめですよ☆

Cracker Barrel Old Country Store
295 Carowinds Blvd. I-77 & US 21 Fort Mill, SC 29708-6203
Ph: 803-802-7477
Sunday-Thursday:6am-10pm
Friday-Saturday:6am-11pm

 

The Diamond Restaurant

出典:http://diamondcharlotte.com/

ここはローカルなお店で、チェーン店ではないのですが、同じくSouthern Foodを堪能できるお店。あまり大きくないこじんまりしたレストランですが、ビールの種類もたくさんあって、近くにも飲み屋さんが多いエリアなので、ここで食事をした後、近くで飲み直すのもgood!ここ自体も週末は遅くまで営業していますよ☆

ハンバーガーやサンドイッチの種類も豊富です☆

The Diamond Restaurant
1901 COMMONWEALTH AVE. CHARLOTTE, NC
704.375.8959
SUN-THUR: 11am-11pm
FRI-SAT: 11am-4am

Razzoo’s Cajun Cafe

ここはテキサス州で展開するチェーン店。ノースカロライナにも、1店舗だけシャーロットのCONCORDという北部エリアに店舗があります。

その名のとおり、ケイジャン料理を楽しめるレストランで、外観も中身もヒッピーな雰囲気満載☆東京だと、下北沢とかにありそうな感じ。

ケイジャン料理というだけあって、スパイシーな料理が多いのですが、なかにはワニの肉などを使った珍しい料理も。雰囲気的には若い人におすすめのレストランです♪

Razzoo’s Cajun Cafe
8011 Concord Mills Blvd Concord, NC 28027
Phone: (704) 979-0222

 

Flying Biscuit Cafe

そして、こちらもブレックファースト向けのお店「Flying Biscuit Cafe」。
ここはどちらかというと、カフェそのままの雰囲気なので、朝食やランチ、アフタヌーンティーに気軽に立ち寄れるかもしれません。朝食だけでなく、ディナーで行っても十分な食べごたえ。ビールやワインも少し取り扱いがありますよ。

ここで試すべきは、とにもかくにもサザンスタイルのビスケット!だいたいのメインディッシュに、ビスケットが付いてきたと思います。グリッツを試したいなら、上記のシュリンプグリッツが有名ですが、ティラピアグリッツ(魚が乗ったグリッツ)も美味しいです♡

Flying Biscuit Cafe
4241 Park Rd Charlotte, NC 28277/28209
704-295-4440/ 704-714-3400
Hours 7:00AM – 9:00PM
※2つ店舗があります。

おまけ)Soul Food House

出典:http://soulfoodhouse.com/

「美味しそうだけど、アメリカ行けないし~」と思っているそこのアナタに!最後におまけで1つ、東京でSouthern Foodを堪能できるレストランをご紹介します!

東京の麻布十番に出来てまだ2年くらい?の新しいレストランですが、渡米前に一度お邪魔させていただきました。アメリカ人のご夫婦が経営されている小さなレストランで、本場の南部料理はもちろん、突然、音楽のライブパフォーマンスが始まったりと(笑)、思わずアメリカに来てしまったようなアットホームな雰囲気のお店です。

ここなら、コーンブレッドもジャンバラヤもプルドポークも!ぜーんぶ美味しく頂けちゃいます♡ もし、ご興味がある方はぜひお試しください。


Soul Food House
〒106-0045 東京都港区麻布十番2丁目8−10 Patio麻布十番
CALL US: 03-5765-2148
BRUNCH Sunday: 11:00 ~ 15:00
LUNCH Wednesday – Friday: 11:00 ~ 14:00
DINNER Wednesday – Saturday: 17:00 ~ 23:00
Monday & Tuesday: CLOSED (except for private events)

ほかにも、シャーロット近郊にはたくさんのレストランがあって、まだまだ開拓中なので、いずれ「ベスト10」のような形でまたオススメをご紹介できればと思っています!

 

というわけで、いかがでしたでしょうか?

なかには、南部に限らずいまや全米で定番になりつつある料理もあるかもしれませんが、なんとなく「Southern Foodってこんな感じ」というのがお伝えできたのではないでしょうか!?

アメリカに移住してくる前は、「脂っこいものばっかりで嫌だなー」と思っていたのですが、不思議と、本場に来ると本場の味が美味しく感じるんですよね!

毎日はちょっとキツイですが、たまに食べると異様にテンションが上がります(笑)

いくつかレストランも紹介しましたが、ここノースカロライナでは、わざわざ郷土料理の店に行かなくても、いたるところでSouthern Foodを楽しむことができます。それだけ、地元の人たちには人気ということなんでしょうね。

ぜひ、アメリカ南部にお立ち寄りの際には、この南部料理をお試しあれ☆

それでは、今日も最後までありがとうございました!

SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで Days in the U.S.A を

7 コメント

  1. こんにちは。
    サザンフードの記事、楽しく拝見させていただきました!
    私は、フライドピクルスとフライドオクラはかなりハマったんですが、そうか南部料理だったのですね…
    ボージャングルのラジオCMも懐かしいです。
    apricotさんは、お家で日本食ですか?どんなお料理されてるのかも教えて下さい!

  2. ☆さえさん
    コメントありがとうございます!
    フライドピクルスとオクラ、単純な料理ですがハマりますよね〜♪

    うちは結果的には、家でもアメリカンな?食事が多いです。こちらではメインディッシュになる冷凍食品も充実してるので、ついつい…ラクをしてしまって(^^;

    本当は、家で日本食をと思い、炊飯器も出汁類も一通りあるのですが、薄切り肉やお刺身が手に入りにくいとどうも調子が狂ってしまうというか…。でも、日本のカレーライスやお好み焼きは夫も好きでよく作っていますよ(^-^)

    美味しいお刺身やお寿司が恋しいです!!

  3. こんにちは!
    私も冷凍食品、パッケージに惹かれてついつい買ってました笑。
    日本食作ろうと思うと、お金も高くつきますしね
    お肉は、アジアンスーパーで豚ミンチとか豚バラ薄切りとか買って冷凍して、ちょっとずつ使ってましたが、住んでたところでは買えなくてストックが無くなると困ってました。ツナで代用とか。
    新鮮な魚、シャーロット近郊で手に入るか分かりませんが、見つかるといいですね!

    • 私もときどきジャパニーズスーパーマーケットで薄切り肉を買うことはあるのですが、なんかイマイチ薄くなくて…(笑)なんて、文句も言ってられませんが、なんかアメリカだと不便ですよねー。ミンチは私もよく使います!
      でも、ツナ代用案はいいですね!!油分も適度にあって美味しそう!今度試してみます☆

  4. 初めまして。12bones美味しいですよね。あそこのsweet potatoesがとても好きです。揚げると言えば、オレオやチーズケーキを揚げる人もいますね。

    • littlefootさん、はじめまして!コメントありがとうございます(*^^*)

      12bonesに共感してくださる方がいらっしゃるなんて、とっても嬉しいです!でも、一回こっきりで、なかなか再訪できていません。。sweet potato大好きなので、次回行ったときには間違いなくオーダーしますね!!

      オレオを揚げたやつ、以前夫が嬉しそうに食べてました(笑)美味しいのはわかるけど、カロリーとか考えたら恐ろしすぎますよね…でも、だんだんその感覚も麻痺してきている自分も恐ろしいです…(^^;;

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here